地図データは「MapFan II 日本地図全国版 for Microsoft Office 97 Personal Business Edition」に収録のデータを使用しております。
 MapFan II 日本地図全国版 for Microsoft Office 97 Personal Business Edition (C)インクリメントP(株)/(財)日本デジタル道路地図協会/北海道地図(株)


マイ・行動記録

私自身について


マイ・行動記録

本日までの総走行距離14140km

キャバリエの総走行距離 837978km
20系プリウスの総走行距離 72753km



10月21日() 走行距離 21km 総走行距離 14140km
 明日は衆議院議員選挙。おまけに、当日に台風の影響を受けるという、これまで経験のない選挙となりました。で、当日に台風の中、投票会場に行きたくはないなぁ、と、二人して期日前投票に。鶴見区役所へと訪問です。
 期日前投票は21時までなんですが、訪れたのは19時過ぎ。しかし、駐車場は車でいっぱい。建物出入口からやや離れた駐車スペースに停め、傘を差しながら区役所へ。
 会場も区民でいっぱいです。
 宣誓書は記載せずに出かけたので、その場で記載。事由は「第6号 天災または悪天候により投票所へ到達することが困難であること。」にチェック。この項、つい最近追加されたんですってね。知りませんでした。いつもは、2号の「投票区の区域外に旅行又は滞在をすること」の方ですからね。もっとも、何をもって「困難」とするかはあいまいですが、特にチェックされることもなく投票を無事に終えました。明日は、家でゆっくりできそうです。


10月15日() 走行距離 9km 総走行距離 14119km
 先週の三連休後半二日は自宅でゆっくり。というか、九州旅行の思い出、DVD作成に没頭してました。
 
 今日は、2週間前に訪れたタイヤ館へ。といっても不具合があったわけではなく、交換後の無料点検です。空気圧とネジの締め付けと。
 ちょこっと見てもらうくらいの気持ちで訪れたら、車体の持ち上げまでして頂いて、意外と大がかりでした。その間、店内で無料のコーヒーを頂いたりしてありがたい限りです。
 その後は、スーパーに寄り道して帰りました。


10月 7日() 走行距離 14km 総走行距離 14110km
 父のOB会旅行が近付き、日本旅行で手配していたチケットを届けに、一人で実家へと行ってきました。
 ただ、父にしてみれば、(僕の訪問に)チケット入手よりも大事な用があったんです。というのも、数日前からPCのネットワークが使えなくなっているとのことで、もちろん、事前に聞いてましたから、自宅で使用していた古いルータ(もしもルータが壊れていた場合の応急処置用)、設定確認用のノートPCなんかを携えての出発です。まぁ、車なんで、重い荷物も平気ですが。
 
 で、実家に到着し、まずはルータの点検。WAN側はアクセスランプが点滅しているので問題なさそう。LAN側は点灯のまま。接続してるのが父のマシン1台だけなんでHUBだけがつながってる状態、つまりはPC側の問題なんでしょうね。今は、電源を落としているとのことなので。
 ということで、PCを立ち上げ。Windows10のマシンです。起動後、デスクトップ画面を見て驚愕。右下に飛行機マークが。機内モードじゃないですか。。
 
 もっとも、無線LANはトラブル時に面倒なんで、有線LAN接続しかしてないので(もちろん、ルータも、いまどきなのに有線のみのタイプ)、なぜ、機内モードなのか、わかりません。確かに、富士通の一体型モデルなんで、無線LANアダプタ内蔵なんですけどね。それにしても、機内モードで有線LANも遮断してしまうのは、どうかしてると思います。。
 というか、なぜ機内モードになったの?? まぁ、いろいろ触ってて、そうなっちゃたんでしょうね。
 
 販売店とかのサポート部隊が出張してきたら、それなりの金額を請求するんだろうなぁ、って話をしながら、実家近くのカフェでランチを。ネット環境が戻って父は喜んでましたが、代替用のルータとか、設定確認用のノートPCを持ってきた身には、悲しすぎる展開です。クリック2回で復旧ですからね。
 洒落たカフェで和食のランチを美味しく頂いた後、実家に戻って旅行用チケットの引き渡し。数名分を立て替えているので結構な額です。一通りの説明を終えて、実家を後にしました。


9月30日() 走行距離 14km 総走行距離 14058km
 出勤していた彼女を迎えに、夜に出かけ、スーパーに寄って帰っただけです。


9月24日() 走行距離 10km 総走行距離 14044km
 夜間の四国は虫の宝庫なんですかね。昨年12月という寒い時期にもやたらとフロントガラスに虫が体当たりしてたんですが、今回も同様、激しく残ってます。
 ということで、洗車に行ってきました。
 一旦、機械洗車にかけて、その後は、タオルでふき取り。その際に、虫も落とします。
 一通り綺麗にしてから自宅まで戻ってきたんですが、どうも右のリアタイヤがおかしいんですね。空気が抜けているような感じです。手で押さえてみると、ゴムの柔らかさを感じるくらいに。
 パンク?
 ってことで、外周を見てみると、ネジが刺さってました。。
 
 てっきり、旅行中に刺さってて、このままでもしばらく大丈夫なんじゃないかと思ったんですが、Jさんに相談して(なぜJさん…笑)、近くのタイヤ専門店に行くことに。
 いちばん近い(メジャーな)専門店は、タイヤ館花博鶴見店なんで、2kmほどを走らせて伺うと、見るからにタイヤの汚れが違います。
 ん?ということは、ネジを踏んだのは、ホンの少し前?
 
 本来ならホイールが踏むはずのない縁の部分を、車重をかけて踏んでますので、交換が無難ですね、と。
 予想外の出費になりましたが、溝のパターンが近いというブリジストンのECOPIAに。あとの3本は、TOYOなんですけどね。。
 いずれ、もう少し静粛性のあるタイヤに替えたいな、と思いつつ、お店を後にしました。


9月16日() 走行距離 547km 総走行距離 13318km
 今回の旅行を計画したのは半年以上前のこと。誰が台風の目に飛び込んでいくような計画を立てようとするもんですか。。
 16日の夕方に大阪を出港するフェリーに乗って、17日早朝に新門司港着。そこから高速を走って朝のうちに別府に入り、ゆっくり一日、地獄めぐりや温泉を満喫しようと計画してたんですが、大陸に抜けると思っていた台風18号は、東シナ海の海上で急転し、九州に上陸すると予想されたのが数日前。まさに、乗船しようとするフェリーが九州へ到着するタイミングと台風が九州に上陸するタイミングがほぼ一緒になるかも、という状況になってきました。北九州と南九州なので直撃ではないとはいえ、16日の午前中には、当日大阪を出る九州行のフェリーが欠航となると正式に発表され(口頭では前日に、日本旅行の担当さんから電話で連絡を受けてましたが)、意気消沈。
 いや、第二案を練っていたのでそれに切り替えただけなんですけどね。
 
 15時ちょうどに大阪の自宅を出発し、山陽道を西へと走り、途中3箇所で休息を取りながら、22時過ぎに小倉にあるホテルに到着。実質で6時間くらいだったでしょうか。まったく疲れてません。プリウスのクルーズコントロール、楽過ぎです。


9月17日() 走行距離 256km 総走行距離 13574km
 翌日、いよいよ台風が九州に上陸、というニュースを見ながら、日田市の観光案内所に電話。別府に向かうと早くから台風の直撃に合うので予定を変更。日田の南方にある金山(坑道)なら、風雨に強いんじゃないかと期待したんですが、公の施設はほぼ臨時休業とのこと。仕方ないですね。
 東に向かう台風に対抗して、西に向かえばちょっとはましか、と、太宰府天満宮を訪れることにしました。関心はあったものの、実は、初めてです。
 九州道を大宰府ICで降り、天満宮に向かうと、意外にも大勢の観光客がいます。まぁ、8割方が、韓国からの観光客?という感じですが。。海外旅行は予定を変更しにくいですからね。
 台風接近とはいえ、太宰府のあたりは、傘をさせば雨をしのげるくらいの雨と風で、参拝・観光するのにも、特に支障はなかったですね。
 初めて見る心字池や赤い太鼓橋、初めて食べる梅ヶ枝餅など、感動の連続です。あぁ、太宰府だ、って。
 
 13時を過ぎ、そろそろ別府に向かった方がいいかな、と思って車に乗り込み、カーナビをセットすると、鳥栖JCTから大分道経由のルートが候補に出ず、推奨ルートが小倉周りの東九州道経由。大分道を走る前提で大宰府という福岡でも南側に来たのに、なぜ?と思えば、大分道の日田から先、別府方面が台風のため、通行止めとのこと。東九州道も、椎田南から先は通行止め。つまりは大分県内の高速道路が全面的に通行止めのよう。
 無理やり日田まで行っても、日田→中津→別府のルートしかなく、それなら、素直に小倉を回った方が良さそう。ということで、太宰府ICから元来た道を引き返します。
 北九州JCTから東九州道に入り、途中、今川PAで小休止の後、椎田南から国道へ。
 宇佐のあたりで海沿いを走るか安心院経由で山の中を走るか迷った末に、潮を被るよりは、と、山道に。
 その選択は大きくは間違ってなかったんでしょうね。木々が風を遮ってくれるのか、直接の風雨は無く、ところどころ、落ちた木の枝や冠水、落石があった程度で別府まで無事にたどり着きました。
 夕方を過ぎれば、台風は遠ざかっていく一方なので、温泉も、料理も、安心して楽しむことが出来ました。


9月18日() 走行距離 460km 総走行距離 14034km
 翌日、台風一過の晴天です。
 朝から別府温泉地獄めぐりを楽しんできました。12年前、ちょうど先代の20プリウスの納車直後に(列車+レンタカーで)九州旅行をした際に、地獄のいくつかだけを訪れたんですが、今回は、共通券の使える7箇所を全て巡ってきました。粘り気のある温泉から吹き上がる鬼坊主地獄や青い温泉の海地獄、赤い温泉の血の池地獄、垂直に高く噴き上げる龍巻地獄など、それぞれに特色があって面白かったですね。時間の都合で、鬼山地獄のワニへの餌やりが見れなかったのは残念でしたが。
 一通り地獄めぐりを終えて、温泉展望台から湯煙の上がる別府の街並みを眺めた後、「里の駅かんなわ」で地獄蒸し料理を頂きました。温泉の天然の蒸気だけで蒸し上げた野菜や海産物、卵、豚バラ肉など、どれもが美味しかったです。蒸し場の方かかすかに漂ってくる温泉の匂いが、旨みを増して感じさせるのかもしれませんね。
 
 別府を離れ、高速で臼杵へ。ここから八幡浜までフェリーで渡り、四国、淡路島を横断して大阪へと向かいます。
 15時40分発のフェリーが八幡浜に着いたのが18時ちょうど。大洲から松山道に入り、高松道の豊浜SAで夕食(もちろん讃岐うどん)をとり、神戸淡路鳴門道の淡路SAで恒例の明石海峡大橋観賞を終えて、垂水から第二神明、阪神高速神戸線、東大阪線と走り、自宅に着いたのがギリギリ日付が変わる前のこと。ちょっと急ぎ気味ではあったものの、昼の2時頃まで別府にいて、車でその日のうちに帰れるんだぁ、と妙に感心しました。
 
 台風で、当初の予定からは大幅に観光時間が短くなりましたが、ある意味、貴重な体験もできましたし、いい思い出の旅行になりました。


9月 9日() 走行距離 25km 総走行距離 12771km
 来週からの旅行を前に、散髪へ。それだけです。


9月 2日() 走行距離 32km 総走行距離 12746km
 9月に入り、最初の週末。
 8月に予約した点検のため、大阪トヨタを伺いました。日ごろ気になる点もなく、点検でも特に問題もなし。点検時の無料サービス(メンテナンスパックに入ってるんでしょうが)も、ワイパーブレードはさほどへたってないですし、車内除菌もあまり関心が無いので、フロントガラスのはっ水コートをお願いしました。これが、次の旅行の雨を呼んだのかもしれませんが。。


8月27日() 走行距離 3km 総走行距離 12714km
 夜間の北陸道を走ったので、ガソリンスタンドで洗車。
 かなりの虫が付いてたんですが、コイン洗車機でもかなり綺麗になりました。ふき取りスペースで残った汚れをふき取ると、完璧です。やっぱり、ノーワックスのコーティングは楽ですね。

8月25日(金) 走行距離 417km 総走行距離 12191km
 25日、夏季休暇をもらってドライブに出かけました。といっても、金・土の1泊2日なんですけどね。土曜日の帰着が夜遅くなっても翌日が休みなので大丈夫、と。
 平日(といっても夏休み期間中ですが)の名神を岐阜方面へと走ります。楽しみにしていたドライブですが、目的地の奥飛騨・信州は午前中から大雨の予報。観光の目玉は明日なので、明日に雨が止んでくれれば救いなのですが。
 岐阜県南部(いわゆる美濃地方)は曇り空だったのに、一宮から東海北陸道に入り、飛騨地方に近付くと予報通りの雨に。ひるがの高原SAで休憩し、飛騨清見から高山清見道路へ。現状の終点高山ICでは、大半の車が高山中心部へと向かう中、丹生川方面へと左折。まぁ、高山に来て、市内を無視する観光客も少ないですよね。
 今回の目的地は、高山の街中ではなく、丹生川にある「じねんの村茶茶」という自然薯料理のお店。さすがに11時20分頃の到着なのでテーブルにも余裕がありましたが、見る見る間に満席に。かなりの有名店です。自然薯をいろいろな調理法で頂けるセットメニューは、それなりのお値段ですが、十分に満喫できました。
 とろろご飯というとしーなさんを思い出しますが、その話題は、何年前のオフ会でしたっけ。もう、15年近く経ちますかね。関西人はネバネバ系が苦手?、っていう話。ネバネバだろうが、アッサリだろうが、美味しいものは美味しいですね。歳の影響かも。
 
 その後は、鍾乳洞へ。雨でも楽しめるはず、っていうだけの理由だったんですが、見学できるエリアも山口の秋芳洞を思い出すほど広く、十分に堪能できました。滴るしずくが多く感じたのは、雨だからなんですかね。そういえば、昨年GWの秋芳洞訪問も、豪雨の日でした。。
 夏だというのに、高地&鍾乳洞ということで中はひんやり。この冷気(冬は外よりも暖か)を利用して酒の貯蔵やワインの熟成をしていたりして、お土産に鍾乳洞貯蔵の日本酒を買って帰りました。
 そこからは、雨の中、安房峠道路で県境を越え、上高地のそばを走り、松本から大町温泉郷へ。
 温泉で体を癒し、美味しい料理を頂きました。


8月26日() 走行距離 520km 総走行距離 12711km
 翌日は楽しみにしていた黒部ダム観光。若干雲が多いものの昨日とは一転、晴れてます。
 大町温泉郷から扇沢までプリウスで走り、駐車場に車を預けた後はトロリーバスで黒部ダムへ。ほぼトンネル内の走行ですが、途中、破水帯のあたりで徐行したり、すれ違いのために停止したり、緩急があってバスの乗車も楽しめました。ただ、4台ほど連なって走るのに座れず、周囲も十分に見えない、というのが残念でしたが。
 終点では、トロリーバスの架線部分をまじまじと見つめたり、写真を撮ったりした後、一気に最上部の展望台へと登ります。
 ここから眺める黒部ダムは圧巻ですね。放水の勢いも感じられます。ダム堰堤近くまで、高さを変えながらいろいろな位置から眺められる場所が設けられているのが良いですね。
 黒部ダム建設の苦難を映像で見せる展示場があったり、その当時使用されていた工具が見れたりと楽しみは尽きません。
 下まで降りたので、レストハウスで早めの昼食。もちろん、黒部ダムカレーです。
 堰堤に見立てたライスの片側にカレーが入ってます。これが黒部湖。食べるときは、崩します。
 
 堰堤を反対側へと歩き、アルペンルートの一部となるケーブルカーの駅を越えて、黒部湖沿いの遊歩道をカンパ谷つり橋へ。しばらく散策して戻りました。
 もう一度、ダムの放水が見える場所を訪れてから、トロリーバスに乗って扇沢へと戻りました。
 
 大町からは白馬を通り、糸魚川から北陸道に入って富山で下車。お気に入りのレストランで夕食です。お目当ては富山牛のステーキ。前回訪れた時からメニューが変わっていて、富山牛の表記が消えていたんですが、お店の方に尋ねて富山牛使用のメニューをチョイス。やっぱり柔らかくて美味しいですね。なぜか、やみ付きになってます。
 富山市内で給油して北陸道を走り、大阪の自宅に戻ったのは日付が変わった1時過ぎのことでした。


8月19日() 走行距離 172km 総走行距離 11774km
 彼女の学生時代(父親の転勤に合せて和歌山県で在学していた頃)の友人が主催するイベントが和歌山県民文化会館で行われたので、一緒に観賞しに行きました。もともとは、一人で行く予定にしていたようなのですが、JR乗継だとそれなりの時間がかかるので、阪和道で一気に走った方が楽かな、と。一緒に行けば、夕食も外食できますし。
 ダンススクールのちょっとした発表会みたいなものかと思ってたら、有名人の友情出演があったりする盛大なステージでした。見応えがあって楽しかったです。
 
 終演後、主催者の方と挨拶したりして(僕はひとり完全にアウェーでしたが…)、その後は友人たちとも解散して、二人でバイパスを大阪方面へと走らせます。
 やって来たのはイオンモールりんくう泉南。なんとか9時前に着いたので、夕食にはありつけそうです。
 とはいえ、9時を過ぎると、徐々に新規オーダーを受け付ける店の数は減り、結局、牛タンを食べられるお店に。美味しかったですけどね。また、仙台で本場の牛タンを食べたくなってしまいましたが。。
 泉佐野南から湾岸線に入り、帰宅しました。


8月17日(木) 走行距離 21km 総走行距離 11602km
 久々に大阪トヨタ東住吉店へ。
 新しい営業担当の方から何度も電話を頂いていたんですが、なかなか調整が付かず、夏の休暇をもらったこの日に訪れました。
 Jさんには、あまりにもいろいろとお世話になったので、どこまで頼っていいのか距離感が判らないのですが、まぁ、序盤はほどほどに、ってとこですかね。
 車の方は、まだ納車後1年半に満たないですし至って快調。とはいえ、1年半の点検が新車購入時のパックに入ってますから、9月上旬に再訪(点検)のアポを取っておきました。
 次の出費はスタッドレスタイヤの買い替えでしょうか。玄関先の炎天下で、そんな話をしてお別れしました。
 
 東部市場前の交差点から国道25号線を天王寺方向へと走ります。
 阿倍野界隈での用事がいくつかあるので、その片付けに。
 といっても、いずれも趣味の話なんですけどね。ひとつはお世話になっている日本旅行への突撃訪問。いや、直前(15分前)にアポは取りましたけど。さすがに。平日ですし。社会人ですし。
 9月に手配してもらっている九州旅行の打合せと、父の計画している大学時代のOB会を兼ねた慰安旅行の打合せ。ここ最近、実家への訪問が多い理由でもあります。
 そのあとは、某パソコンショップ。最近、旅行の写真・動画をDVD向けに編集してるのを、Blu-rayにしたら面白いかな、と思い始めていて、いろいろ思案してます。
 問題は、そもそも自宅にBlu-rayを書き込む環境が無いこと。これが一番ですね。最近は、1万円前後の外付けが主流ですし、遊ぶには手頃な価格です。
 もう一軒寄り道して、天王寺を後にしました。


8月12日() 走行距離 47km 総走行距離 11581km
 お盆なので墓参りに。もっとこまめにお参りしないとダメだなぁ、と思いつつ、です。
 墓地は東大阪市内にあるので、両親には最寄りの駅まで電車で来てもらい、4人揃っての墓参りとなりました。
 そのあと、近くのレストランで食事をし、生駒の実家まで車で送りました。


8月 5日() 走行距離 24km 総走行距離 11534km
 出勤の彼女を迎えがてら、本屋などで買い物。それだけです。


7月29日() 走行距離 64km 総走行距離 11510km
 東大阪での用事を終えて、その足で生駒の実家へ。阪奈道路を走ります。キャバリエの頃は楽しんで走った阪奈道路も、今は、比較的勾配の緩い163号線でのトンネル経由の方がいいですね。みるみる燃費が悪化していくのは、見ていて楽しくありませんから。
 まぁ、山頂部分を越えて、下りにかかると、ほどほどに燃費が回復するので幾分か気持ちも和らぎますけどね。
 
 実家に寄った後、両親と一緒に、中華レストランでランチを頂いてきました。


7月22日() 走行距離 72km 総走行距離 11446km
 芦屋の実家へ。6月の阪神高速料金改定後、初の阪神高速走行ですね。
 とはいえ、阪神高速のサイトで料金を計算すると、「え?」というくらい金額が上がることになってたので、1日フリーパスを申し込みました。単純に、自宅最寄りの高井田から芦屋までの往復で、十分に元が取れます。
 フリーパスは、去年までよりも使いやすい期間設定になってる気がするんですが、これって、やっぱり、阪神高速側が「値上げになった」ってことを意識しての救済的な意味合いなんでしょうかね。
 
 フリーパスだからこそ、というわけもないんですが、帰り道、尼崎を越えて、海老江JCTから淀川左岸線を走ってみました。こんな時でないと走る機会もないですし。初めての走行区間は大半がトンネルの印象がありますが、車の数も少なく、快適です。梅田の方につながるまでは、左岸線もこんな感じなんですかね。北港JCTで湾岸線に出て、後はいつも通り、東大阪線経由で帰りました。
 ただ、考えてみれば、途中のチェックポイントもないですし、芦屋〜高井田を、神戸線+東大阪線で走ろうが、神戸線+淀川左岸線+湾岸線+大阪港線+東大阪線で走ろうが、値段は一緒ですよね。遠回りするメリットは、ほとんどないですけど。


7月17日() 走行距離 13km 総走行距離 11374km
 一昨日・昨日と、社員旅行で大阪を離れてました。
 日本最長の吊り橋(歩行者用)といわれる静岡県三島市の三島スカイウォークが目玉の一つだったんですが、吊り橋から富士山は全く見えず。
 帰阪後に聞いた話では、7月8月は、大気の関係か、富士山が綺麗に見えることは「ほとんどない」とのこと。これって単純に、リサーチ不足なんじゃないの?って感じなんですが、昨年の土砂降りの中の社員旅行よりは楽しめました。
 
 で、三連休最終日の今日は、自宅でゆっくりと過ごし、買い物に出かけた程度です。


7月 8日() 走行距離 53km 総走行距離 11361km
 生駒の実家へ。
 先月の銚子旅行、ではなく、GWの北海道旅行の写真で作ったDVDを見てもらうため、です。
 観賞会の後の夕食は、奈良市内にあるよく通った寿司屋へ。何でも、8月で閉店してしまうのだとか。
 いつも、そこそこに混んでる印象はあったんですけどね。理由はわかりませんが。というわけで、この店での最後のディナーをちょっと豪華めに頂いてきました。


7月 1日() 走行距離 14km 総走行距離 11308km
 夜に仕事帰りの彼女を迎えに行き、その足でスーパーへと買い物に出かけただけです。


6月24日() 走行距離 10km 総走行距離 11294km
 夏が近くなり、扇風機を買いに出かけました。
 もちろん、エアコンはあるので暑くなったら付ければいいんですが、空気の流れを作ると、効率は良くなりますからね。
 多くのメーカーからたくさんの種類が出ているので迷いますが、有名メーカーのそこそこの商品を買うのは、小市民ですかね(笑)


6月18日() 走行距離 5km 総走行距離 11284km
 夕方近くに買い物へ。それだけです。


6月17日() 走行距離 56km 総走行距離 11279km
 先週末は、車を使わず旅行へ。
 一泊ですが、飛行機で千葉の銚子へと行ってきました。
 飛行機で降りたったのは羽田?成田?とお思いかもしれませんが、茨城空港です(笑)
 神戸からのスカイマークが格安なんですよね。発売開始直後くらいに予約したので、往復でもJR(新幹線)の片道より安いんじゃないでしょうか。レンタカーを借りたので、総額的には判りませんが。
 銚子電鉄への初乗りと、潮騒の海の美味しいものを食べるのが目的の旅行でした。
 
 で、今日。東大阪の馴染の理髪店で散髪。
 その足で、阪奈道路へ。目的地はありません。ちょっとドライブ、です。


6月 3日() 走行距離 37km 総走行距離 11223km
 久々に、東大阪市内にあるスーパー銭湯へ。暑くなるシーズンを前に、露天風呂を楽しみました。自宅から数分のところにあるので、便利ですね。
 そのあと、東大阪市内を軽くドライブ。ちょっと遠出をしようかとも思ったのですが、想像以上の渋滞にはまって余裕の時間も少なくなり、帰宅することに。結局、渋滞の道を走っただけで終わりました。。


5月27日() 走行距離 17km 総走行距離 11186km
 定形外の郵便物を出すために城東郵便局へ。土曜日の夕方でも開いているのでありがたいですね。
 その後は、少し遠回りしてスーパーに寄り道。買い物をして帰りました。


5月20日() 走行距離 8km 総走行距離 11169km
 すいません。ここからかなり省略(手抜き)します。
 近所での買い物へ行っただけです。


5月13日() 走行距離 68km 総走行距離 11161km
 ゴールデンウィークのお土産を携えて、芦屋の実家へと訪れました。
 今日は、さほど長居はせず、西宮浜から阪神高速に乗って大阪へと戻りました。
 
 というのも、その足で外食しましたので(笑)
 といっても、連休明けなので贅沢はせず、回転寿司です。今回の旅行は、千歳から、旭川、層雲峡、糠平、帯広、千歳と走ったので、北海道内では海を見てないんですね。なので、ちょっとお寿司を食べたいな、と。まぁ、それだけが理由ではないんですが。。


5月 6日() 走行距離 13km 総走行距離 11093km
 ゴールデンウィーク後半、3日〜5日の2泊で北海道へと行ってきました。結婚10周年ということもありますし、ちょっと贅沢しました。いや、北海道へ行く、ということ自体は特に贅沢とは思ってないんですが、普段よりはちょっと立派なホテルに泊まった、ということです。それと、長年、行きたかったタウシュベツ川橋梁を訪れました。(旧)国鉄士幌線の糠平駅と幌加駅の間にある全長140mのコンクリート橋です。80年前に築かれた橋は、経過した年月以上に朽ち果てていて、儚さを感じます。ローマ帝国時代の遺跡かと思わせるような風格もあります。というのも、夏になると糠平湖の中に沈み、冬になると姿を現すものの風雪と寒さに晒され、環境としては最悪です。コンクリートの中にしみ込んだ水分が寒暖によって膨張・収縮を、廃線後、数十年にわたって繰り返されてきたので、激しく劣化しています。
 初夏には湖面に浮かぶ橋が見れそうなので、またいつか、訪れたいと思っています。
 
 で、今日。
 出勤だった彼女を迎えに、職場の近くまで出向きました。その後、帰りにスーパーに寄って帰っただけです。


4月29日() 走行距離 27km 総走行距離 11080km
 ゴールデンウィーク前半という表現がありますが、今日29日は土曜日ですし、明日は日曜日の休みですからごく普通の週末にしか感じませんね。職種によっては祝日であることを有り難がる方もいらっしゃるんでしょうが。
 いや、うちの人もその一人でした。。第5週の土曜日は出勤なんですが、今日はお休みですからね。なので、二人して髪をセットに行きました。もちろん、向かう先は違うんですが。彼女は美容室、僕は理髪店です(笑)
 
 馴染の理髪店で、馴染のスタッフに髪を切ってもらうのが楽ですからね。要領も判りますし、何より、何も言わなくても判ってもらえますし。
 そんなわけで、髪型が変わることは、まずありません。多少の長短はありますが。
 
 車で自宅に戻った後、少しばかりゆっくりして夕方近くに買い物へ。それだけです。


4月22日() 走行距離 73km 総走行距離 11053km
 久々に芦屋の実家へ。高井田入口から阪神高速東大阪線に入ります。
 今回、走っていて、よく目についたのが、6月3日から料金体制が変わるという横断幕。これまでの普通車・大型車の区分から、5区分に増えるとのこと。気になるのは普通車にとって値上げになるのか、値下げになるのか。同時に京阪神の近畿道などの均一制料金区分の道路も距離料金制に移行するとのことですから、結構な変更になりそうですね。これに伴って第二京阪の割引サービスも廃止になるものがあるとのことですから、気になるところです。
 
 神戸線を芦屋で降りて実家へ。お昼を頂いて、その後はお茶を飲んだり、話をしたりと、ゆっくりと過ごしました。
 夕方を前に実家を出ました。
 
 帰りは定番の西宮浜からの湾岸線。いつもは大阪港線に入って東大阪線へとまっすぐ帰るんですが、今日は東大阪線(奈良方面)への分岐を環状線(湊町方面)に入ります。とはいってもミナミに用事があるわけではなく、環状線をくるりと一回りして、守口線へ。いつも迷いますね「一旦高速を降りて中ノ島を一般道で抜ける乗継が早いか、環状線で遠回りするのが早いか」。乗り通しは楽なのは楽ですね。信号もないですし。
 森小路の枝線から出てイオンで買い物をして帰りました。


4月15日() 走行距離 104km 総走行距離 10980km
 納車1年を過ぎ、12ヶ月点検に行ってきました。といっても、気分的には「スタッドレスタイヤからノーマルタイヤへの履き替え」なんですけどね。
 2年ぶりの歯科医で治療を受けた後、口元に麻酔の感覚を残したまま生駒の実家に向けて出発。ノーマルタイヤの引き取りです。
 今日は両親ともに外出とのことで、実家のガレージに積まれたタイヤを一人で車に載せ、そのまま出発。タイヤ交換のついでに両親と食事、というのも今回は無しです。
 
 歯科医での治療が長引いたので、トヨタに予約してある入庫時間まで40分を切ってます。一般道なら阪奈道路を下って東大阪の荒本から中央環状線を南に下って八尾から東住吉に、でおよそ1時間。20分の遅刻です。次点では、阪奈道路を下って、東大阪の水走から阪神高速に入って環状・松原線経由で駒川まで走ると、45分くらいでしょうか。
 数分の遅刻で「ごめんなさい」でも良かったんですが、よし、とばかりに生駒市内を南に走り、壱分ICから第二阪奈に入りました。久々ですね。このトンネル。一気に大阪へと入り、東大阪市内を突っ走りました。
 さほど飛ばすでもなく、13時57分。14時の予約時間に間に合いました。
 
 点検とタイヤ交換をして頂いている間、Jさんとお話。いろいろ話はあったんですが、外出の予定があるとかで中座されました。その後は、スマホを触ったりして点検の終わりを待ちます。オイル交換やフィルターの交換、その他消耗品の交換もあって、予想外の「!」という出費になったんですが、まぁ、大事な愛車ですし(笑)
 最後に洗車をして頂いてお店を出ます。その際に、外したスタッドレスを、来シーズンも使えるか見てもらったんですが、雪道を走るなら買い換えられた方がいいですね、と。スタッドレスとしての役目は、おしまいのようです。
 
 一旦自宅に戻り、勤めに出ている彼女を職場近くに迎えに行って、その足で生駒の実家へ。
 スタッドレスタイヤを下して、ガレージのラックに収納していると、玄関から母の姿が。一足先に戻って来ていたようです。ただ、父は明日まで帰ってこないので、家族揃っての食事はお預けとし、手土産だけ頂いて実家を後にしました。
 帰り道、門真市内のスーパーに寄って帰宅しました。


4月 9日() 走行距離 18km 総走行距離 10876km
 昨日は、会社のイベントで出かけてまして、車での移動は無し。
 新入社員を交えての懇親会です。そんなわけで、昼から飲んでました(笑)
 
 9日の日曜日は、東大阪市内のお店へと買い物に。
 本屋とスーパーです。
 行動としてはそんな感じなんですが、そうそう、大事なことを忘れてました。
 
 4月3日で、50プリウス納車から丸一年が経ったんですね。この1年間で走った距離は10,858km。年間1万kmを超えたのは、何年ぶりですかね。プリウスがあまりに調子よく、燃費がいいのでドライブし過ぎました。
 今年は、いくつかの旅行を計画しているものの、長距離なんでドライブではなく飛行機を使ったりするので、この1年よりは走行距離は控えめになりそうですね。でも、なんだかんだと走りそうです(笑)


4月 1日() 走行距離 14km 総走行距離 10858km
 先週の日曜日は、父と姉と僕たち夫婦の4人で奈良市内に観劇に行きました。この組み合わせでの行動は初めてでしょうね。恐らく。
 なんでも、父の知人からチケットを4枚頂いたのに、母が別用で行けないとのことで、僕たちに話が来た、と。姉の家族から3人が参加するなら声はかからなかったんでしょうが、仕事がある義兄は別として、子供たちには興味が無かった由。
 その舞台とは、OSKの「紅に燃ゆる〜真田幸村 紅蓮の奏乱〜」。一昨年、全国で披露されたもので、今回、奈良で再演される、と。タカラヅカにも行ったことが無いので面白いものかどうかは判らなかったんですが、なんせ「真田幸村」ですからね。昨年、ゆかりの地を訪問した身としては、興味津々です。
 そんなわけで、JR奈良駅で集合して、なら100年会館大ホールへ。
 11時から2幕構成で約2時間半。関ヶ原から紀州・九度山での幽閉時代、大坂冬の陣、夏の陣と、一部創作を交えながらも史実に基づく迫力ある演技に感動しました。もちろんのこと、全員女性なんですが、勇猛な物語をよく演じられたと思います。
 
 その後は、用事が終わった母と合流して、近鉄奈良駅近くのレストランで、少し遅めの昼食。美味しい料理を頂きました。
 レストランを出て、カフェでお茶でも、と思ったんですが、休日の奈良はすごいですね。観光客でどのお店もいっぱいです。そんなわけで、近鉄奈良駅で解散。それぞれ帰途につきました。
 
 で、今日。4月1日。世間一般では、単なるエープリルフールなんでしょうが、僕にとっては大切な日、です。ちょうど10回目の結婚記念日です。
 このサイトで公表してから、もう10年になるんですね。月日の流れを感じます。
 
 とはいうものの、彼女は終日仕事で、しかも退社が遅くなるとのこと。遅くなるなら、と、ひとりで梅田へと出向き、阪急百貨店に入っているとあるケーキ屋で2段重ねのデコレーションケーキを買ってみました。10周年を祝うチョコレートのメッセージプレートを添えて。それくらいですかね。サプライズは。
 もっとも、仕事を終えた彼女を迎えに行って、遅い夕食の食材をスーパーに寄って買って帰って、乾杯して食事を終えて、ケーキを食べる頃には日付が変わってたんですけどね。。


3月25日() 走行距離 30km 総走行距離 10844km
 明日の日曜日、ちょっと電車でお出かけするので、その前に髪を整えに。
 東大阪市内にある馴染の理髪店です。特にこれといったこともないので、散髪の話はこれくらいに。
 
 車に戻って、次に向かったのは家電量販店のエディオン。中央環状線沿いにある大型店です。
 3TBの外付けHDDが安い、との知らせをダイレクトメールで受け取っていたので、買うならセール期間内の3月中かな、と。来週末はもう4月なので、今日がラストチャンスなんですね。
 自宅にあるHDDの容量を全部足したら何TBになるんだろう、とぞっとしながらも、3TBを購入。
 まぁ、HDDも消耗品みたいなもんで、永久に記録し続けられるデバイスでもないですからね。ただ、なんだかんだ言って、やっぱり単位当たりの値段が安いんですよね。HDDは。いっそのこと、バックアップ用に100GBのBlurayを大量に買ったらどうなるかな、と思ったこともあったんですが、まだ、高いですよね。100GB1枚が、今の25GBくらいにまで下がれば、もうちょっと具体的に考えてみるんですが。。
 
 一旦自宅に帰った後、別用で出かけていた彼女が帰宅するのを待って買い物へ。別用とはいいながらも美容院なんで、全く別用でもないんですが。まぁ、どうでもいい話です。髪の毛にかける金額は全然違いますし(笑)


3月18日() 走行距離 378km 総走行距離 10171km
 せっかくの三連休なんで、ちょっとドライブしてみたい、と計画を立てたのが2週間ほど前のこと。
 2月にも石川県の白峰温泉へのドライブをしているので、近場がいいかと思ったんですが、連休のメリットを活かすならちょっと遠方でもいいかな、と。距離的に手頃かどうかは別として、長野県の大町にある大町温泉郷のとあるホテルが、三連休にもかかわらず、手頃な値段で宿泊を受け付けていたんで予約。
 実は、三連休とは言いながらも、初日の土曜日は彼女が仕事なので、連休二日目の日曜日の早朝に大阪を出発して、三日目の夜に大阪へと戻ってくるプランを考えてたんですね。まぁ、行って帰るだけなら、さほど無謀な計画でもないですし。実際、過去にも白馬へ1泊2日をけっこうやってますから。
 でも、早朝(6時前)に出発するのも疲れるなぁ、ってことで、じゃぁ前日に出発しちゃえ、と、仕事が終わる14時30分頃の出発とし、松本まで走ることに。
 松本駅近くのビジネスホテルなら三連休でも、安価に泊まれるので、土曜日は夜に到着して、信州の郷土料理をつまみながら地酒を頂くのもいいかな、と。気分はすっかりその気です(笑)
 
 というわけで、土曜日は朝から洗車。といってもガソリンスタンドでの機械洗車です。先月の白峰温泉のときもそうだったんですが、洗車+手拭できれいに仕上げたのに、温泉に着いたら融雪剤でドロドロでしたから。今回も、まだまだ路面に融雪剤があるでしょうから、機械洗車+拭き上げ無し!で。
 洗車の後は、滴を垂らせたまま、郵便局へ。不在時に配達されていた郵便物(クレジットカード更新分)の引き取りです。
 
 車での移動は一旦終えて、自宅に戻った後、歩いて買い物に出かけたり、昼食を取ったりで、けっこうバタバタとして出発の時間を迎えました。
 ともかく、14時半過ぎに無事に合流し、第二京阪門真インターから第二京阪道へと乗り、京都方面へと走らせました。
 
 さすがに三連休とはいえ、15時過ぎの高速は適度に空いていて、ストレスを感じることなく京滋バイパス・名神を走りました。多賀SAで最初の休憩を取って、小牧へ向けてさらに東進。ほどなく、かなり久しぶりに感じる景色が広がりました。米原までは北陸へ向かうときに通ってますし、米原以降もこの1年で2度ほど走ってるんですが、2回とも金曜日の夜に仕事を終えてからなんですね。当然真っ暗。明るいうちに米原より東に向けて走るのは2013年7月に木曾の開田高原へと向かったとき以来ですね。もちろん、東海へ向かうのがそれ以来、ってことではないです。名古屋・静岡へは新名神を走るので、名神を米原より東に向けて走るのは東海北陸道か中央道を走るときくらいしかないんですよね。
 
 一宮あたりで若干混雑気味になったものの、渋滞とまではいかず、小牧から中央道をしばらく走って恵那山SAで小休止。
 全長8kmオーバーの恵那山トンネルを抜け、中央アルプスが左手に見えるはずなんですが、さすがに18時を回ってくると徐々に闇に包まれて来ます。駒ヶ岳SAで小休止。定番の銘菓「巣ごもり」を購入。中央道を走るときは、よく買うお土産です。もっとも、家にまで持ち帰る土産ではなく、今晩の食後のお菓子に食べちゃうんですが(笑)
 駒ヶ岳を過ぎれば、岡谷から長野道に入り、松本まで一気に走ります。
 
 松本駅のすぐそばにあるビジネスホテルにチェックインしたのは20時少し前。休憩を挟みつつ、5時間強。翌朝に松本から出発できることを考えれば、土曜日中に松本に到着出来てかなり楽になりました。それよりも、松本でお酒を飲みながら食事をできる方が大きなメリットです。
 入ったお店は駅近くの「ばんざい屋」。たまたまカウンターに2席の空きがあり、滑り込みました。入った時刻が遅かったこともあるので、客の入れ替わりはあったんですが、なかなかの繁盛店です。
 大阪よりもかなり冷え込んでいるので、燗酒2合を注文。松本から少しばかり南に位置する塩尻のお酒、笑亀(しょうき)です。
 料理の方は、お店の名前通り、信州の郷土料理・オリジナル料理のおばんざいが美味しいんですが、本日のお目当ては「松本山賊焼き」。これまで、何度も食べる機会を伺っていたんですが、意外にも機会に恵まれず、初めて頂きます。鶏のモモ肉にしっかりと下味をつけてジューシーに揚げてあります。一口で気に入りました。
 他にも、信州らしく馬肉なんかも食べたりしたんですが、美味しいものがたくさんあって、お酒も進み、ペースが速すぎたのか、一気に酔いが廻ってしまい、しばらくダウン。
 もう少し飲みたかったんですけどね。ペースは考えましょう。
 
 しばらく休んで回復したところで、お店を出ました。松本の夜風に当るとさらに酔いが収まります。
 ホテルに戻って横になっていると、いつの間にか眠ってました。


3月19日() 走行距離 85km 総走行距離 10256km
 翌日曜日。
 コンビニで買ったパンで朝食を済ませ、ホテルを出発。
 といっても、本日開幕した選抜高校野球の開会式を見てたりして、ちょっと出遅れた感はあります。まぁ、ここから最初の目的地、松本城までは車で10分もかからないんで問題なし、って思ってたら、10時を少し回ったばかりにもかかわらず、停めようとしていた駐車場は満車。入庫待ちの車が列を作ってます。係員の案内で、臨時駐車場に停めれたので一安心ですが、場内に入ってまたびっくり。天守への入場の列が長く伸びてます。
 チケット売り場にも列が出来てたんですが、これは素通り。ホテルで事前に買っておいたんです。
 ただ、入場待ちの列はパスできず、後ろに付きました。案内では、入城までに30分とのこと。さすがは国宝ですね。
 
 松本城は、これまで何度か訪れているんですが、いずれも外観を眺めただけ。堀の内側に入ったことが無いんですね。で、今回、宿泊地を大町と決めた時から、松本城に行こう!と決めていたわけです。
 それにしても観光客の数がすごいですね。西洋人の観光客が多いのも、城郭が日本の文化の象徴という感じがします。
 天守の入口でチケットの半券をもぎ取られ、靴を脱いで、渡されたビニル袋にしまいます。城内は靴を携えての観光です。確かに、靴箱は設置できないですね。これだけの数を収容する棚を作ったとしても、出し入れだけで大変なことになりそうです。
 各層に展示物や案内板があるんですが、銃に関する資料が充実していて興味深かったですね。馬上からでも使える短銃は、現在の拳銃とかと比べるとはるかに大きいんですが、当時の一般的な火縄銃と比べると、取り回しが非常に楽そうな大きさですよね。もっとも、現物の説明にも記載されていたんですが、もちろんと言うべきか自動装填ではないんですね。大坂・夏の陣で徳川家康に向かって短銃を構えた真田幸村。まさに、一発勝負、ですね。これは。
 
 城の階段は近代建築ではありえない角度で付いてますから、現代人が上るのには一苦労です。とはいえ、安全上取り付けてある手すりも当時は無かったでしょうし、ましてや当時は着物を着ていたわけですから、大変だったでしょうね。
 そんなわけで、階段の下は大渋滞で、かなりの待ち時間がかかります。登城の案内に、場内見学時間60分とあったのは、この時間も含んでるんですね。
 
 最上階からは、各方角共に松本市内の眺望が開けます。ここ最近、備中松山城や宇和島城、(伊予)松山城等、山に築かれた城を訪れることが多かったので、平城らしさが際立ちます。
 北アルプスの山々が遠方に見えれば感動的なんでしょうが、今日は靄がかかっていて全く見えないですね。
 下りも順番待ちの列に並んで、ゆっくりと下ります。月見櫓は、堀の水面が近くに見え、腰を落ち着ければ風流な感じがするのかもしれないですが、今日の、この人の多さでは風流を味わうのは難しいですね。月見櫓からは入城を待つ人々の列も見えるんですが、僕らが入った時と比べて倍以上に伸びてますから、早めに来て良かった、というところですね。開会式を見ずに、もっと早ければ、さらに良かったんでしょうが。。
 
 城内の園庭を一回りして、松本城を後にします。
 12時を少し回ったところで、昼食へ。ところが、お目当てのレストランは駐車場が満車でかなりの待ちがある様子。絶対、ここじゃなきゃダメというお店でもなかったので諦め、次の目的地へ。
 目的地までの途中で、良さげなお店があれば入ろう、という感じで走らせていたんですが、これといったお店もなし。結局、目的地のそば、JR大糸線梓川駅近くまでやって来ても、ここが駅前?という閑散さで、仕方なく目的地へ。
 
 ところが。その目的地すら、本日休業日。ネット上では「不定休」とあったので、よほどの日でなければ日曜日も開いてると思ってたんですが。。
 今日はそのよほどの日だったんですね。ちなみに向かってたのは「EH酒造」。安曇野で有名な酒蔵の見学もできると楽しみにしてたんですが、また出直しです。
 そんなわけで、とりあえず、どこかで食事をしたいなぁと穂高方面に車を走らせていて、長野道をくぐったとろこで「!」。長野道梓川SAに併設の駐車場がありました。ここに車を停めれば、サービスエリア内のお店に入れる!
 松本から安曇野まで長野道を走ることは想定してなかったので、SAもノーチェックでした。しかも、というのか、逆向き(東京・名古屋方面)の上り線のSAなんですね。
 そのフードコートで「山賊焼丼」と「わさびとろろそば」を頂きます。山賊焼丼の方は、せっかくなんで、と食べ比べです。昨夜と同じくしっかりとした味が付いてるんですが、こちらはムネ肉ですね。個人的にはモモ肉の方が好みです(笑)
 
 本日の宿泊は大町温泉ですので、そこに向かいつつ、途中「道の駅寄って停まつかわ」に立ち寄ります。
 その後は、北アルプスの眺望が開けているところは無いか、と、数年前に訪れた「鷹狩山展望台」へと向かいました。
 大町の市街から山手に入って行くんですが、標高が上がるにつれて路肩に残雪が見えてきます。展望台付近は雪景色か、と期待したころで「冬期間通行止」の文字が。残念。。
 同じ道を引き返すのもつまらないので、美麻につながる道を走って大町へと戻りました。途中、畑一面に積雪が残るエリアがあったりと、この山間部はまだ冬なんだなぁ、と実感しました。
 
 雪のない大町市街に戻り、「いーずら大町特産館」で地酒を買った後、日が暮れるまでにはまだ少し時間があるので、大町ダムへと走ります。
 駐車場には除雪した雪が残り、まだまだ冬か、と思って龍神湖を覗いてびっくり。湖面が凍ってます。完全に冬です。
 それでも、ダムの上は観光客にも開放していて歩くこともできます。周囲に鳴り響く風が冷たかったですけどね。途中、雪がちらつき、前回訪れた秋とは全く違った一面を見ることが出来て良かったです。
 
 ここから車で5分ほどのところにある宿にチェックイン。温泉で疲れを癒し、美味しい食事を楽しみました。


3月20日() 走行距離 558km 総走行距離 10814km
 翌月曜日。
 温泉宿での楽しみの一つ、朝風呂にゆっくりと浸かった後、バイキングで美味しい朝食を頂き、出発します。
 
 本日の予定は、途中、寄り道しながら大阪へと戻る、というもの。
 まず最初の寄り道は白馬にある白馬大橋。計画の段階ではチェックしてなかったんですが、今朝の天気を見て、北アルプスが綺麗に見えるんじゃないか、と。これまで、何度か白馬大橋から北アルプスを眺めてますが、雲一つなく綺麗に見えたのは、数年前の秋が最後。山頂付近には雪が被っていたものの全体的には夏山なんで、今日は真っ白な北アルプスが拝めるのではないか、と。
 国道148号線を北へと走ります。左手には中綱池が広がりますが、ここも凍ってそうですね。さすがに青木湖はさざ波打ってますから凍ってはなさそうです。
 当初の立ち寄りポイント、道の駅白馬は素通りし、白馬大橋へと急ぎます。陽が出てきて、暖かくなってしまうと、山々に靄がかかって見えますからね。
 
 橋を渡りながら左手を眺めると、まだ、綺麗に見えてます。間に合ったようですね。
 橋の北側に、車を数台停められるだけのスペースがあり、そこに車を停めて歩きます。本格的に雪が降った後、雪解けまでの季節に訪れたのは初めてですかね。冬季にスノボ目的で白馬・栂池にやって来たことはありますが、少なくとも白馬大橋からの眺めは初めてです。
 青空の下、麓まで真っ白の北アルプス。感動的ですね。河原にも雪が残っていて、まだまだこの辺りは春が始まったばかり、という感じです。カメラの望遠で八方尾根を見ると、ボーダーが滑っているのが見えますから、春、というよりはまだ冬なんですね。
 
 白馬大橋を離れ日本海側へと走ります。途中、道の駅小谷に立ち寄り、白馬エリアの地酒を購入。今回は、大町でも地酒を買ってますから、結構買い込みました。とはいえ、種類を楽しみたいので300mlのボトルですけどね。
 
 姫川に沿って走り続けると、その川幅が徐々に広くなるのを実感します。数年前に訪れた姫川の源流近くでは「せせらぎ」という表現が似合う川でしたが、新潟への県境を過ぎ、糸魚川の市街に近付くとかなりの大河になります。これだけの水量が乾かずに流れ続けるのが不思議でもあります。
 次の目的地は糸魚川駅。白馬から糸魚川市内を通って北陸道経由で大阪へ帰ることは何度もありますが、糸魚川駅に立ち寄るのは、車での旅行では初めてですかね。列車での旅行でも、2014年9月が最後ですから、北陸新幹線が開通してからは初めてです。
 駅近くの駐車場に車を停めて、駅に向かいます。お目当ては、「キハ52-156」。2010年まで、大糸線で走っていた車両です。これが、屋内に展示してあるんです。1両だけですが、すっぽりと建物の中に納まっているんで、当面は綺麗に保たれるでしょうね。ただ、両側の運転台共に、壁がすぐ近くに迫っていて、「前面の写真」が撮れないんですよね。これは仕方ないですね。暖かい季節には、1月に1回程度、この車両を屋外に移動させて展示するそうです。そのため、この車両も屋外に続くレールの上に乗ってるんです。もちろん、壁も開閉します。機会があれば、そのタイミングでも訪れてみたいですね。
 
 敷地内には、他にプラレールが敷き詰められたセットがあったり、Nゲージの鉄道模型大ジオラマがあったり。鉄道模型はHOゲージもあります。規模が大きいのはNゲージの方なのですが、30分500円で運転できます。鉄道模型用のコントローラですが、電車の運転席と同じようなマスコン・ブレーキで構成されるもので、子供たちが喜んでハンドルを握ってます。面白いのが、先頭車両に取り付けられた小型カメラからの映像が、運転席の前に設置されたモニタに表示されるところですね。
 もっとも、運転しない人間からは、模型そのものが走り回るところを見る方が楽しいですけど。糸魚川とその周辺をイメージして作られたジオラマは、海あり山あり街ありで、北陸新幹線や特急列車、長大な貨物列車が走り回るのは見ていて飽きないです。ただ、運転しているのが子供中心なので、スピード感がまちまちで、リアリティさは欠けるんですが…。新幹線を追い抜く貨物列車、とか。。
 
 しばらく楽しんだ後、車に戻ります。ちょうど、偶然にも越後トキめき鉄道の「雪月花」が糸魚川駅に入線。背の高い真っ赤な車体が印象的です。
 車に乗って、走り始めます。駅北側(日本海側)の駐車場に停めていたので、北側の街中を走ることになったんですが、駅からすぐ近くに、広い範囲にわたって建物の土台しかないエリアがありました。去年12月の大火災の現場です。さすがに焼失したと思わせるものは残ってないですが、その空間の面積の広さから、恐ろしさを感じましたね。
 「雪月花」の午後便始発駅となる糸魚川は、車内で供される食事(弁当)を積み込む場所でもあります。その地元ならではの食材を活かした弁当を作っているのが糸魚川の料亭「鶴来家」。この鶴来家も大火災で焼失したんですよね。現在、仮設店舗で作業をされているとのこと。復興支援も兼ねて、一度乗ってみたいですね。
 
 糸魚川からは北陸道に入って大阪を目指します。時刻は1時を過ぎてるんですが、お昼は福井県内でソースかつ丼を食べる予定。何時になることやらって感じですが。
 途中、有磯海SAで小休止。目の前には高架の線路が見えます。北陸新幹線が見えるサービスエリア、としてアピールいるようですね。有磯海上りSAって、結構使ってる気がするんですが、初めて知りました。もっとも、東海道新幹線と違って、ずーっと見てても、走らないんですけどね。。
 お土産を買ったり、ソフトクリームを食べたりして、しばらく滞在してたんですが、結局、北陸新幹線は写真には撮れず。そう、通ったんですよね。油断してました。カメラがケースの中でした。。
 
 富山県、石川県を走り、福井県に入って女形谷PAで小休止の後、福井北インターで下ります。かつ丼を頂くのは福井で最も有名な「ヨーロッパ軒」。駅近くでは車を停めるのも苦労するので、駐車場のある幾久店へ。ただ、こちらは持ち帰りがメインなのか、カウンター席しかないんですよね。しかも店員は電話中だし、持ち帰りを求める客が待ってるしで、気忙しくなって店を出ました。向うは花月分店。以前訪れた穴場?のお店。17時前、という夕食には少し早く、昼食には遅すぎる時間なんで、客はゼロ。というか、客席は照明も落とされてました。準備中?と思ったんですがお店に入ると客席に電気が灯されました。
 頂いたのは、カツ丼セットとトリオ丼。何度も食べているものですが、細かなパン粉でサクッと揚がったカツは、最高です。
 
 お店を出て、1ヶ月前にも寄ったばかりの「えがわ」で、今季最後の水ようかんを購入。
 その後は、8号バイパス沿いのスタンドで給油して鯖江インターから北陸道へ。昨年6月は、同じような行程で大阪まで無給油(900km超)だったんですが、暖房が必要なこの季節、ちょっと厳しいですね。
 北陸道を走り、水津PAで休憩。なぜここなのか、というのは、敦賀ジャンクションまでの最後の休憩所だから。NEXCO提供の情報を見ると滋賀県内の名神で30kmを超す渋滞、しかも京滋バイパス内でも10km近い渋滞とのこと。米原から瀬田東まで120分を超えるもよう。
 ということで、初の試み、舞鶴若狭道+京都縦貫道を走ってみました。こっちに流れる車も多いのかと思ったのですが、それほどでもなく、片側1車線といえども、それなりに流れてます。綾部から京都縦貫道に入っても、遅い車が前につかえる程度で、渋滞は無し。京丹波PAで最後の休憩をして、大山崎から京滋バイパス、久御山から第二京阪で大阪へと戻りました。このルートだと、京滋バイパス内の渋滞にもかからなかったので、距離(+料金)的にはかなりの遠回りになったんですが、時間は圧倒的に早かったと思います。せっかくの初走行が暗闇の中、というのはちょっと残念でしたが。。
 
 ちょっとしたドライブのつもりが、結構な距離のドライブになりましたが、50系納車から間もなく1年。このドライブで10,000kmを超えましたし、いろんな意味で記憶に残るドライブになりました。
 とにかく、50系に乗り換えて、長距離ドライブが極めて楽になったので、次の1年も、もっとドライブしたいですね。


3月17日(金) 走行距離 6km 総走行距離 9793km
 明日からの三連休で、ドライブへと出かけます。
 出発は昼過ぎなんで、午前中には時間の余裕があるんですが、金曜日の今日、帰宅後車に乗って給油へと出かけました。水曜日からの三日間、会員限定でガソリンの値引きをしてた、というのが理由です。最近ちょっと値上がり傾向にあるんですかね。
 旅行までに洗車もしたかったんですが、それは明日。暗いときに洗車をすると拭きムラ等々、あまりいいことが無いので。。


3月11日() 走行距離 9km 総走行距離 9787km
 昨日から始まった、NHK大阪ホールでの朝ドラ「べっぴんさん」セット公開。今年は、10日(金)から26日(日)という3回の週末を挟む長期間の開催なんですが、収録の終わりの時期と関係があるんですかね。ともかく、来週は行けないので、今週末に訪れました。電車ですけどね。
 地下鉄中央線の谷町四丁目駅で降りるとすぐです。
 例年、これを楽しみにしてるんですが、午前中から訪れたのは初めてでしょうか。朝イチで乗り込んだわけではなく、昼前なんですが、「キアリス」や「レリビィ」のある、物語の中心地、港町商店街のセットも、ほぼ貸切状態で見学できました。立ち止まっての写真も撮り放題です(笑)。
 ただ、ちょっと「?」と思ったのは、キアリスの公開も外観だけなんですね。ショーウィンドウが雰囲気を出しているものの、店内のセットも見たかったなぁ、と思います。
 店の中を見ることが出来たのは、「レリビィ」の方ですね。カウンターに、テーブルに、と、いろいろなシーンを思い出します。
 他に、撮影に使用した小道具が展示されているスペースがあったり、キアリスが成長していく変遷をパネルで展示したコーナーがあったり、朝ドラを見ている人には楽しめます。
 別フロアでは、放送中の朝ドラとは関係なく、過去の放送で使用したセットの一部を技術資料的に展示してあったり、8K映像を楽しめるコーナーや、過去の大河ドラマの時代背景をパネルにした資料もあったりと、いろいろ楽しめました。
 
 NHK大阪ホールを出てからは、これもほぼ例年通り、大阪城の梅園へと向かいます。昨年はセット公開が4月に入ってからと遅かったので素通りしたんですが、今年は園内へ。多くの種類の梅が植えられていて、それぞれに花の色や形に違いがあって、歩く足もゆっくりになります。
 園内を散策した後は京橋駅まで歩き、JRで梅田へ。阪神百貨店とジュンク堂で買い物をして、JRで自宅へと戻りました。
 
 一旦自宅に戻った後、夕刻に車に乗って外出。
 回転寿司の「くら寿司」です。たまに、食べたくなるんですよね。普通の握り寿司だけではなく、シャリカレーとか、一品モノとかも充実してます。もちろん、値段が値段ですから、日本海沿岸都市で食べる握りと比べるのは相手が違うんですが、普段食べる手頃な寿司としては、お気に入りです。
 
 食事を終えてもまだ明るさが残る中、近くのスーパーに寄って帰りました。
 夕食が早かった、というのはあるんですが、最近は6時を過ぎてもまだ明るさが残ってますよね。もうすぐ春分。日ごとに日が長くなるのを感じます。


3月 4日() 走行距離 32km 総走行距離 9778km
 今日は、先日とは別件で家電量販店巡り。
 実は、3日前の水曜日に、いきなり自宅で使用している無線LANの親機が故障したんですね。本体裏側の有線ポートは生きてるんですが、無線側は全くダメ。いろいろと支障があるので、翌木曜日にヨドバシカメラで新しいのを買ってきたんです。
 これで、火曜日までの環境には戻ったんですが、せっかく高性能の親機を買ったのに、子機(PC)が従来のままなんで、子機側アダプタを変えれば、無線LANの環境が改善するんじゃないのかな、と。
 今まで使ってきた(PC内蔵)のは11nの300Mbps。それが、11acの高速域まで使える親機なんで、アダプタ買い替えで快適になるなら…とやって来た次第。
 2店寄ったんですが、通販で購入できる金額よりもかなり高く、今日のところは様子見です。現状で困ってるわけでもないですからね。
 実は、3店目に向かおうと思っていたところで、彼女から仕事が終わったとのメールがあり、待ち合わせ場所に向かったんです。
 
 合流後、帰り道のスーパーで買い物をして、帰宅しました。


2月26日() 走行距離 24km 総走行距離 9746km
 昨日は、車に乗っていません。というか乗れませんでした。といっても不測の事態が発生したわけではなく、昼間から飲んでました(笑)
 去年、初めて菊正宗の蔵開きというイベントに参加したことを書きましたが、それが面白かったもんですから今年も参加しました。昨年は、JR住吉駅から20分ほど歩いて行ったんですが、今年は六甲ライナーに二駅分乗ってショートカット。ちょっと自宅を出る時間が遅かったんですね。
 ところが、その遅れで思わぬ展開に。というのも、昨年は昼過ぎくらいまで福袋が残ってたんですが、今年は、到着時には既に完売。結構楽しみにしてただけにショックです。何の違いなんでしょうね。来年はもっと早く出発しないと、ですね。
 
 とはいえ、無料試飲に始まり、有料の枡酒や珍しい銘柄の新種を飲んだり、丹波杜氏の歌の披露を楽しんだり、酒蔵を見学したりと、満喫しました。酒造記念館では、甘酒の振る舞いもあって楽しめたんですが、午後からの別用もあったので、お土産用に何本かのお酒を購入した後、阪神の住吉駅へと向かいました。
 梅田行特急に乗り、芦屋駅で、実家へと寄り道する彼女とは別行動に。僕はそのまま梅田へと直行し、北新地駅からJRで帰宅しました。
 15時〜17時の間に、宅内の火災警報器取り換え工事があるんですね。工事といっても、装置を取り外して付け替えるだけ。ものの5分ほどで完了です。付け替えには1分とかからず、後は装置の起動待ち、という感じでした。
 ともかく、これに間に合わせるために別行動になったんですが、夕方、帰宅するのを待って、近所のレストランへ。しゃぶしゃぶを食べながらビールを飲みました。なんだかんだとよく飲んだ一日です。
 
 で、今日。
 ちょっと思うところあって、家電量販店のはしご。
 プリウスのナビは、地図更新はもちろん、いろいろな情報をネットワーク経由で取得できるんですが、通信モジュール(DCM)を契約しているわけではないので、Wi-Fi経由でのスマホのテザリングで通信してるんですね。
 近場のドライブならば特にどうということもないんですが、長距離ドライブだと、スマホのテザリングをONにし続けると、バッテリーが持たないんですよね。充電しながら、というのも選択肢の一つなんですが、そもそも、乗るたび、降りるたびにテザリングをONしたりOFFしたりするのも面倒だなぁ、と思い出したんです。
 (部分的な)地図更新をしたとしても、テザリングでのデータ通信量は思っていたよりも少ないので、主契約のDoCoMoのファミリーにデータ通信契約を追加したらどうかな、と思って、先日DoCoMoショップへ行ってみたら、意外と高いんですよね。回線を増やすのって。パケットは共有できるんですが。。
 で、思い切って、近頃流行の格安SIMならどうかな、と。古い機種なら、本体もタダ同然で、毎月の契約料も安いですし。
 そんなわけで、東大阪と四条畷の家電量販店を巡ってみたんですが、世の中甘くはないというのか、格安の端末(本体)は、もう残ってないんですよね。端末に数万円かけるくらいなら、現状で我慢します。
 
 というわけで、帰り道に門真市内のスーパーで買い物をして帰りました。


2月20日(月) 走行距離 5km 総走行距離 9722km
 会社からの帰宅後、車に乗り込みました。
 平日に運転するのはあまりないんで、よほどのことかと思われるかもしれませんが、車で10分ほどのところにある家電量販店へと行ってきました。
 家電が壊れた、とか、消耗品が切れた、とか、そんなことではなく、常備品的なBlu-rayのディスクと乾電池を購入。というのも、2,000円以上の購入で粗品がもらえるんですが、次の週末は、ここへの来訪が難しいかもしれないのでやってきた、と。翌週の週末も粗品をもらえる期間内ではあるんですが、以前、期間最後の週末に訪れたら「品切れです」ということがあったんですね。先着数十万人(正確な数は忘れました)という、実質無制限なんじゃないの?的な数字だったんですけどね。
 そこまでして欲しかったのは…。ご想像にお任せします(笑)


2月18日() 走行距離 289km 総走行距離 9387km
 1月上旬の丹後半島への温泉旅行では、全く雪を見ることが出来なかったので、せっかくのスタッドレスタイヤをもう少し活かしてあげようと(という理由ではないんですが)、2年ぶりに白山の白峰温泉へとドライブに行ってきました。
 
 朝から、近所での用事を済ませた後、ドライブに備えて東大阪市内のスタンドで給油をし、京橋近くの洗車場で洗車。用意は万全です。
 一旦自宅に戻って30分後には、出発。
 
 仕事を終えた彼女と合流して、1時半頃に大阪を出発しました。第二京阪、京滋バイパス、名神と走り黒丸PAで最初の休憩。
 先週の週末はかなりの大雪だったんですが、今週は一昨日・昨日と、3月から4月並みの気温になった地域が多く、一気に雪解けが進んだ感があります。おまけに、昨日は多くの地域で雨が降りましたからね。雪を楽しみにしていた身には、少々残念ではあるんですが、昼過ぎの出発で、夕方には石川県の白峰温泉に到着したいですから、暴風雪でないのはありがたいことです。
 そんな天候なので滋賀県の比較的北部に位置する黒丸PAも、雪はほとんど無し。除雪の際に寄せられた雪が道端に残る程度です。
 名神を走っている間は、そんな感じですかね。
 さすがに北陸道を北に向かって走っていると、路側の残雪も増えてきました。
 賤ヶ岳を過ぎた滋賀・福井の県境付近、敦賀を過ぎた今庄付近。この辺りが比較的雪が残っている地域でしょうか。標高の高さは如実に雪解けに影響しますね。
 
 武生から鯖江にかけては、左右に広がる田畑も完全に土が見えていて春が訪れたようです。
 そんな北鯖江PAで小休止。こちらも黒丸PAと同じく、寄せられた雪が残る程度。ちなみに、北鯖江で止まった理由は福井北インターまでの最後のPAということもありますが、ここのほたるかきもちがおいしいんですよね。以前購入したので、リピートです。
 福井北インターから中部縦貫道へと入ります。名前は大層ですが、実際に福井からつながっているのは永平寺まで。最終的には東海北陸道の白鳥や飛騨高山、安房トンネルを経て信州松本へ至る壮大な中部縦貫道なんですが、全通はいつになるんでしょうね。。
 
 永平寺からは国道を走り、白峰温泉へと向かいます。
 さすがに国道157号線を北へ走ると、路側にある残雪のスケールが増してきます。残雪、というよりは除雪した跡がそのまま残っている、という感じの雪の壁です。道路は完全に乾いているので、今週水曜日までの雪なんでしょうが、標高の高さから、いい感じで残ってます。
 県境の谷トンネルを越えると石川県。ほどなく白峰温泉、ホテル八鵬に到着です。
 途中2ヶ所で休憩して4時間弱、17時10分の到着なので、まずまずですかね。大雪で徐行となれば、日も暮れるタイミングだっただけに、今日は晴天で良かった、というところです。
 
 温泉を楽しんだ後は広間で食事。お宿が売りの炉端での会席です。炉端ですから、岩魚などの川魚を炭火で焼きたてのものをかぶったり、飛騨牛の串焼きを頂いたり。石川県白山市の地酒を飲み比べも良かったですね。何より、スタッフの方々のサービスが最高でした。地酒も、単に提供するだけでなく、その違いについての説明も詳しい上に蔵元の紹介までしてくれたりと、十分に満足できました。何より感心したのは「べったりしすぎない距離感」ですね。二人での食事を楽しみながらも、程よく会話を楽しませてもらえる、と。
 ごちそうさまでした。


2月19日() 走行距離 330km 総走行距離 9717km
 翌日も朝から温泉に入ります。
 昨夜からほどほどに雪が降ったようで、大浴場から見える風景がうっすらと雪に包まれています。露天風呂は無いので寒さがどれ程かは判らないですが、朝なので寒いんでしょうね。
 駐車場に停まっている宿泊客の車の雪かきをスタッフの方がされているのを見ながら、朝食会場へと下りました。
 朝食も凝った品があってご飯も進みます(笑)
 
 本日は、特に時間が決まった予定もないのでゆっくりと10時頃の出発。
 まずは、白峰の集落を散策しようと車を走らせたのですが、何の集会か、大勢の人々に車の行く手を阻まれて、断念。
 次に、手取湖のダムが綺麗に見える場所がないかと探したんですが、こちらも、これという場所がなく素通りしました。
 そのまま走り続け、道の駅瀬女へ。お土産と白山の地酒を購入。昨夜は少量ずつ5種類の銘柄を頂いたんですが、スタッフの方に「これも美味しい」と紹介された銘柄の720ml瓶を購入。
 駐車場の路面はさすがに雪がほとんど残ってないんですが、屋根や植え込み(だろうと思います)などにはしっかりと雪が残っていて、雪国の道の駅を十分に感じられました。
 
 少し走って道の駅「一向一揆の里」へ。瀬女もここも、2年ぶりの再訪です。小松市内をかすめ、山中温泉へ。ここの道の駅は4年ぶりですかね。北陸鉄道でかつて山中温泉まで通じていた路線に走っていた「しらさぎ号」が展示されています。前に訪れた時は大井川鉄道から里帰りしてすぐだったと記憶してるんですが、もともとが古い車両だけに、4年経った今も、特には変わらないですね。
 そのまま国道を南へと走り、丸岡を抜けて福井市内へ。
 冬の福井を訪れた時は欠かさず寄っている「えがわ」へ。冬季限定の水羊羹を購入します。
 お店の方と少しばかり話をしていると、試食用の水羊羹を頂いたので店内にあるベンチに腰かけて、頂きました。昔ながらの漆塗りの木枠で作った非売品だそうです。もっとも、固める枠によって味が変わるわけでもなく、土産用と同じ美味しさです。
 木製のベンチに座っていると、お店の方から、数日前、天海祐希と広瀬すずが来店してそのベンチに腰かけて水羊羹を食べたとの話を伺いました。福井商業高校チアダンス部をモデルにした映画「チア☆ダン」の公開を控え、県庁を表敬訪問したとか何とか。同じベンチに座れて光栄です(笑) あ、二人掛けのベンチなので、どちらかは判りませんが。。
 
 福井からは北陸道に乗って一路敦賀へ。途中、南条SAで北陸最後のお土産を購入。
 敦賀インターを降りてやってきたのは「一力」。中華そばの名店です。裏手にある駐車場に車を停め、店の前に歩いていくと、ちょうど店内に収まるだけの行列になっていて、僕らは店の外へ。とはいえ、ほどなくガラス戸の内側へと入ることが出来ました。午後2時を過ぎても、というか、3時前にも関わらず、相変わらずの人気ぶりです。
 結局、ラーメンにありつけるまで40分くらい待ったでしょうか。もやしそばとチャーシュー麺、特製焼売を頂きます。2年ぶりの味ですね。2年前も、白峰温泉の帰りに寄ってます。一面に敷き詰められたチャーシューが嬉しいですね。その下にあるスープは、色ほどにはこってりとしておらず、飲みやすいスープで、美味しかったです。
 敦賀を出てからは、北陸道・名神と走り、草津PAで最後の休憩&最後のお土産を買って(笑)、大阪へと戻りました。


2月12日() 走行距離 4km 総走行距離 9098km
 5日の日曜日は、車には乗らず、大学時代の後輩たちと新年会を楽しんでました。
 毎年、この時期に一足遅い新年会を開くのですが、今年も招待を受けたので神戸(三宮)へと出向いた次第です。
 昔は新年会も夜の開催で、アルコールも当然だったんですが、後輩の子供たちが参加するようになって、昼の開催&アルコール抜きが定着しつつあります。ところが、そんな配慮もむなしく、今年は参加予定だった子供たちが発熱やなんやで不参加となり、大人だけのランチ新年会となりました。それはそれで健全で楽しかったんですけどね。
 ミント三宮に入っているレストランでバイキング。ホテルのバイキングとは違って、価格も手ごろです。味の方も十分ですね。後輩との会話もあって、楽しい90分でした。
 
 昨日11日は、祝日ではありますが土曜日なので、特段普通の土曜日と変わりなく過ごしました。
 昼過ぎまで自宅でゆっくりと過ごし、夕方からお出かけ。大阪のキタへと買い物に出かけます。もちろん電車です。
 
 2,3の店を回って、お目当てのものを買い、自宅最寄り駅へと戻ります。自宅近くの居酒屋に、久しぶりに立ち寄り、食事をして帰りました。
 
 本日の12日は、自宅近くのスーパーとドラッグストアへ買い物に出かけただけです。


2月 4日() 走行距離 36km 総走行距離 9094km
 今年初めての散髪に出かけました。いや、そんなに珍しいことでもないですが。髪型も変わってないですし。
 いつも、決まって馴染の理容室に出向くんですが、引っ越し前の実家に近いんですね。で、その実家(旧宅)は、今でも物置代わりに使っていて、たまに、探し物を取りに行ったりしてます。今回も、ちょっと探している本があって、「(旧)自室の本棚の一番上の段の○○の横にあったはず」という記憶が強かったんですね。
 で、行ってみたら、○○はあるのに、肝心の探しているものが見つからず。
 しばらく探したものの、「生駒の実家で見たような…」という薄い記憶も出てきて、それ以上探すのを諦めました(笑)
 
 帰宅後は出勤している彼女と待ち合わせ、いつもよりは遠めのスーパーへと買い物へと出かけて帰宅しました。


1月28日() 走行距離 12km 総走行距離 9058km
 今週の月曜日、仕事帰りに近所のスーパーに立ち寄ったら、驚くものを見つけました。
 ニッカウヰスキーのブラックニッカ60周年記念で昨年秋に限定販売された「ブラックニッカ ブレンダーズスピリット」です。しかも、税別ながら2,500円を切る価格で。
 60年前の余市モルトや今はなき西宮工場で蒸留されたカフェグレーンなどがブレンドされた貴重なウイスキーです。
 もっとも、プレミアものというほどではなく、12,000ケース、144,000本が製造されたとのことですから、それが大阪市内のスーパーにあってもおかしくは無いんですが、販売開始の昨年11月はともかく、最近ではネット上でも5,000円近い値段が付いているのが普通で、およそ半値で手に入る、と。
 躊躇なく、買い物かごに放り込みました。いや、ちょっと躊躇しましたね。1本だけにするか、2本買うか(笑)
 
 週末の土曜日は自宅でゆっくりと過ごし、夕方近くに東大阪市内のスーパーへと買い物に出かけました。
 もちろん、夕食はおかずをつまみながら、ブレンダーズスピリットを頂きましたよ。
 ウイスキーに造詣が深いわけではないんですが、スモーキーな香りと、全体的な甘い味わいが高級感を漂わせてました。いろいろ評価はあるようですが、この値段で手に入れたので大満足です。


1月21日() 走行距離 18km 総走行距離 9046km
 昨年の夏以来、久しぶりに近所のスーパー銭湯へ。
 最後の訪問から1年経つと、貯まった来店ポイントがクリアされるので、たまに訪れてます。
 やっぱり、夏より冬がいいですね。熱ければ、露天風呂に行けばスッキリします。夏だと、表に出ても暑いですからね。そんなわけで、ゆっくりと温泉を楽しみました。
 
 午後からは出勤していた彼女を会社近くに迎えに行き、その帰りにスーパーへと寄って帰りました。


1月14日() 走行距離 130km 総走行距離 9028km
 数年前に後厄も終わってるんですが、大厄の年から毎年、1月に門戸厄神へと参拝してますので、今年もお参りに行ってきました。
 去年から、寺の北の方にある専用駐車場に車を停めているんですが、意外にスムーズで気に入ってます。
 駐車場からはやや起伏のある道を歩くんですが、阪急の駅から歩くことを考えれば非常に楽です。
 
 参拝そのものは、お参りしてお札を頂いて終わり。わずかに数分です。
 で、今年はその足で芦屋の実家へと訪問してきました。
 こちらも、昨年末というか大晦日の夜から年越しという、わずか2週間前に伺ってましたので、さほど長居することもなく、昼食を頂いて、お茶しながら話をして、お暇となりました。
 

 今日の予定としてはこれでおしまいなんですが、せっかく神戸の近くに来ているんだし、と、山手の方へと走ってみました。
 理由は、「雪を見たかったから」それだけ。
 先週、北近畿の丹後半島をドライブしてきたんですが全く雪が無く、一週間後の今日は、近畿中部にも雪が降るという天候なんで、六甲の山に入れば雪が見れるかな、と。
 西宮から有馬温泉近くまで走ると、さすがにちらちらと雪が舞ってきました。さすがに積もることは無く、せっかくなんで、と、六甲山の方へと足を延ばします。
 ここ数年、いや、もっとですかね。六甲山に登った記憶もなく、「十国展望台があるはず」というなんとも時代錯誤な記憶を頼りに走ったんですが、やってきたのは「六甲山ガーデンテラス」。駐車場に車を停めて、いきなりお土産物屋へ。というのも、風を凌ぐのと、暖を取りたくて。
 外は、風が冷たく、もちろん気温もおそらくは氷点下でしょうね。
 ガーデンテラスの展望塔に上ってみると、カメラを持つ手は硬直し、素手でいることが異常な気温です。ゲレンデのように雪(水分)に触れなければ素手でも大丈夫じゃないの?と思ってたんですが、低温の中でも、素手はダメですね。
 少しばかり写真を撮って、車へと引き換えしました。もちろん、エアコンからの暖かい空気で手を温めました。
 日が陰り始めて、夜景の美しい時間帯に差し掛かるんでしょうが、これは無理。山を下りました。
 
 阪神高速湾岸線で大阪へと戻りました。

1月 7日() 走行距離 173km 総走行距離 8669km
 今年も新年の旅行に出かけました。
 1泊なんで朝から出発、というのが普通の考えなんですが、今年は彼女が出勤日ということもあって、仕事を終えてからの出発。
 まぁ、出かける場所は何回も訪れている京丹後ですから、出発当日の観光は省いても大丈夫かな、と。お目当ては、温泉とカニですから(笑)
 
 とは言っても、あまりにも遅いと温泉に入ってからの食事が難しくなってしまうので、出発時間が気になるところ。
 職場近くにスタンバイしたものの、15時になっても退社の連絡がなく、ちょっと焦ってきました。
 念のため、お宿には「遅れるかも」という一報だけ入れておいたんですが、やっぱり冬とは言え、温泉に入ってさっぱりしてから夕食を頂きたいですからね。
 
 結局、出発は15時20分過ぎ。まずは最寄りのインターから近畿道に入ります。吹田ジャンクションから名神へ。
 今回は初めて、大山崎から京都縦貫道で京丹後まで走ってみました。
 全通したのは一昨年だったと思いますが、昨年の1月は北九州に旅行に出かけたので全通してからは初めてのカニ旅です。
 
 しかも、昨年10月には与謝天橋立から京丹後大宮までの鳥取豊岡宮津自動車道(野田川大宮道路)も開通していて、さらに便利になってます。
 普通なら途中で1回は休憩を挟むところですが、時間が押し迫っていたので一気に走って17時50分に久美浜にある宿に到着。
 大阪から2時間半ですから早いもんです。
 
 夕食の開始を18時半にして頂いて、それまでに温泉で体を伸ばします。これでこそ、冬の温泉&カニ旅行です(笑)
 蟹刺し・焼き蟹・蟹の天ぷら・もちろん蟹すき、最後に蟹雑炊と、まさに蟹三昧。新年の贅沢旅行です。
 
 焼き蟹の匂いが満ちた中で、いい夢を見て朝を迎えました。


1月 8日() 走行距離 229km 総走行距離 8898km
 日曜日は、朝から温泉と和の朝食を堪能して、少し遅めの10時に出発。食べきれなかった蟹を発泡スチロールの箱に入れて持たせてくれるのはお気に入りのサービスです。
 まず向かったのは、峰山にある金刀比羅神社。今年の初詣です。
 
 丹後峰山のこんぴらさんとして親しまれている金刀比羅神社ですが、もちろん讃岐のこんぴらさんで有名な金毘羅権現の分霊をお迎えしたものだそうで、1811年に建立されたのだそうです。もっとも、その由緒よりも有名なのが、「狛猫」。犬ではなく、猫です。峰山は丹後ちりめん発祥の地で、養蚕の大敵「ネズミ」を追いやる猫が、養蚕の守護神にお仕えしているのだとか。なるほど。
 
 初詣の次に向かったのが、舞鶴の海上自衛隊北吸桟橋。こちらは何度も訪れているんですが、タイミングによって係留されている護衛艦が変わるので何度来ても楽しいですね。車は総監部の駐車場に停めて数分歩いて桟橋へ。その最も東側には、一際大きな艦船が見えました。「ひゅうが」です。ヘリ搭載護衛艦というのでしょうか。世界基準ではヘリ空母なのかな、と思いますが、巨大な甲板を備えた護衛艦です。もっとも岸壁から見上げる形なので、肝心の甲板は見えないんですが。。
 その護衛艦を見上げていると、上空に4機のヘリが飛んでいるのが見えました。明らかに自衛隊機ですね。そのまま海の方へと飛び去って行ったんですが、さすがは舞鶴という感じです。
 
 他に「あさぎり」や「ましゅう」を見て、構内にあるコンビニへ。お土産物は観光客も買えるようになっています。制帽や制服は、当然ながら自衛隊員しか買えません。
 少しばかりお土産を買って、海岸沿いを歩いた後、少し山手へ。
 舞鶴鎮守府の初代司令長官は有名な東郷平八郎ですが、その後の歴代司令長官が住居としていた施設が公開されているんですね。しかも、月一回。第一日曜日のみ(1月は正月なので変則)。
 今日はその公開日ということもあって訪問してみました。これまで、何度かこの近辺には足を運んでいるんですが、こんなところあったっけ?という感じです。
 中に入ってスタッフの方の話を聞いて納得。公開は昨年からとのこと。ただ、これまで、非公開ながら補修を繰り返して代々継がれてきたのは海上自衛隊のおかげ。数年前の大雪の時は、真っ先に自衛隊員が駆けつけ、雪下ろしをしたのだとか。
 そんな裏話を聞きながら、明治34年に建てられた和洋折衷の建物を見学します。事務スペースは洋館、居住スペースは和の建築です。それが廊下でつながってます。洋館の応接室、和室の大広間では、現在も会議が開かれていたりするとのこと。これも常時公開できない理由なのかもしれないですね。
 明治期に作られたガラスは歪みがあり、こればかりは割れてしまうと補修できないとのこと。現在のガラス板製法ではこれほどの歪みがでることはないですから。
 一通り、案内を受けながら楽しく観覧できました。
 
 総監部の駐車場に戻り、今度は北へと走ります。海上自衛隊航空部隊の基地です。
 ここも日限定で公開されています。天気が良ければ、屋外で化学消防車が見れたらしいんですが、あいにく今日は、格納庫内のヘリだけ。もっとも、お目当てはこちらですから問題なしです。
 さすがに主翼である回転翼(いわゆるプロペラ)は畳んだ状態ですが、それでもこのSH-60K型機が4機もすっぽりと収まる格納庫は巨大です。
 このヘリは対潜哨戒にも使用されるので、機内は大きな機材で塞がっていますが、それでもなお、数名が搭乗できるほどの大きさです。普段、これほど間近に自衛隊のヘリに接することは無いので、興味津々で眺めていたら、隊員に声をかけられました。質問にも気軽に答えて頂けますし、何より、一般市民相手に判りやすく、時折ユーモアを交えながら解説してもらえるのは、ありがたい限りです。
 何名かとお話ししたんですが、若い隊員の方が、北吸桟橋で見上げていたヘリに搭乗されていたそうで、ますます身近に感じてしまいました。身近と言えば、操縦席にお守りがぶら下がっていたのも庶民的ですよね。
 
 十分に楽しませてもらって、基地を後にしました。
 車で舞鶴を離れます。結局、舞鶴は、北吸桟橋・東郷邸・航空基地と自衛隊関連施設だけを見て離れたんですが、これもまた「舞鶴らしさ」ですかね。
 
 そのあとは、道の駅に寄りつつ、京都縦貫道で帰宅しました。
 
 …で。
 今回の旅行。1月の上旬なのに、か、上旬だから、か、まったく雪を見なかったんですね。これまで、道路に雪が無かったことはあっても、遠方の山には積雪が見えたんですが、今回は、本当に全くなし。
 12月にスタッドレスに替えたのに、何もなしじゃ寂しいですね。冬の間に、どこか、雪のあるところへ行きたいですね。

1月 1日() 走行距離 3km 総走行距離 8496km
 新年、明けましておめでとうございます。
 2017年になりました。
 この50系プリウスで迎えた初めての正月ですね。
 
 というわけで、ちょっとドライブ。と言っても、昨年末に洗車が出来なかったので新年早々ですが洗車にだけ、やってきました。
 元日にマイカーを運転した記憶がここしばらく無いので、調べてみたら2008年ですから9年前ですね。
 
 この時は実家への訪問だったんですが、今年の訪問は翌2日。しかも飲むので電車です。ここしばらくはこのパターンが多いですね。
 例年、実家へは姉夫婦一家が元日から泊りで訪れてたんですが、さすがに子供(僕の姪・甥)も大きくなってきて、2日のみの日帰りが定着してきましたね。
 両親とその子供一家が揃っての正月も楽しく過ごせました。


2016年6月まで