キャバリエ行動記録(2000年5月から6月まで)

6月25日() 走行距離 244.2km 総走行距離 37275.7km
 午前中は先週と同じく、ちょっと用事で潰してしまったんですが、午後から、兵庫県へ向けてドライブをしてきました。
 そう、関西OFFの会場選びです。
 東京では本日、東京ミニオフ会が実行されているはずですけれど、関西の方も、そろそろ詰めておかなければなぁ、というところです。

 まずやってきたのが、六甲アイランド。ここは、神戸市にある人工島で、ファッション、グルメスポットが集まっているエリアではあるんですが、震災後、AOIAが閉鎖されているのはさびしい限りです。
 ショッピング客用の駐車場は、数百台収容のものが、いくつかあるんですが、僕が探していたのは、埠頭なんです。入れるのか、入れないのか。入れても無断侵入にならないのか、そのあたりが気になるところですが、いい場所はありました。アイランドの北端に、コンテナ積込み用のバースが続いているんですが、入口が閉鎖されていない場所があったんです。ところで、バースって私有地なんですかねぇ。公共の施設なら、クルマを乗り入れても、問題がなさそうに思うんですが。日曜日は完全にお休みのようで、近くの食堂で話を聞こうと思ったら、どなたもいらっしゃらないんですね。閉まってました。ならば、と、近くの輸出入に関わっていそうな会社で話を聞こうと思ったら、ここも門を固く閉ざしていたんです。うーん、どうなんでしょう。

 とりあえず候補のひとつとしておいておき、次に向かったのが日本へそ公園です。摩耶入口から阪神高速神戸線に入り、月見山からそのまま第二神明道路を走ります。玉津インターで高速を降り、175号線を北上していると、「おっ」と思うスポットがあったんです。
 今年の4月にオープンしたばかりと言う「道の駅 みき」です。山陽自動車道の三木小野インターから約3km、場所的にも、収容台数的にも優れてるんじゃないでしょうか。土産物屋も充実してますしね。周りに何がある、という場所でもないんで、長居する車も少なそうですから、けっこう、クルマを並べやすかったりするんじゃないのかなぁ、とも思います。
 ちなみに、写真は併設の施設の駐車場です。不法侵入ではないですけど、これだけ空いてる駐車場は、気持ち悪いですね。遠くに見える点が僕の白キャバです(^^ゞ
 そのまま175号線を北上し続け、中国道を越えて、なおも北上すると、日本へそ公園に到着します。駐車場はそこそこに大きいんですが、赤い1番さんのご指摘通り、並べるとなると、ちょっと厳しいかなぁ、というのが正直な気持ちですね。
 で、そのマイナス部分を補ってくれるのが、へそ公園から走ること数分の、播磨中央公園です。こちらは、複数の駐車場が用意されていて、併せると500台を越えるクルマを収容できるそうです。
 下見のために駐車場に入ったところ、黒いキャバリエが停まってました。2.4Sのクーペだったんですが、さすがに横に止めるのは気恥ずかしく、ちょっと離れた場所に停めました。このサイトをご存知の方だったら声をかけるところですけど、判らないですからね。はやくステッカーを作りたいですね…。すいません。
 帰りは滝野社インターから中国道を走りました。いつものごとく、宝塚付近を先頭に11kmにおよぶ渋滞にひっかかってしまったんですが、その流れが回復した頃、中国池田インターで中国道と別れ、阪神高速池田線に乗り換え、大阪市内を突き抜けて帰ってきました。

 で、候補地ですが、この3箇所ですね。
 ・六甲アイランド(Fバース)
 ・道の駅みき
 ・日本へそ公園+播磨中央公園

 なにか、ご意見等がございましたら、掲示板への書きこみ、もしくは、メールをお願い致します。


6月24日() 走行距離 82.2km 総走行距離 37031.5km
 会社へ。今日は当番の出勤日。当番だから遅刻は許されないんですけどね。それが、どーいうわけか、朝、目が覚めたら、普段なら確実に会社に到着しているだろうなぁ、という時刻だったんです。焦りましたねぇ。目覚めて、スーツに着替えて、ネクタイ締めて家を出るまで僅かに数分という、超早わざを決め込んでみたんですが、ひげを剃るのを忘れてました。あごのあたりがチクチクしてます。
 まぁ、なんとか無事に仕事も終わり、帰宅前にちょっと本屋やディスカウントストアに寄り道して、帰宅後に大阪市内へちょっとドライブをして終わりです。


6月18日() 走行距離 58.9km 総走行距離 36949.3km
 午前中は東大阪市内で雑用をこなして、一旦家に帰ってきました。昼ご飯は素麺でした。夏ですねぇ。
 そんなことはどうでもいいんですが、1時過ぎに改めて出発。目指すは会社の駐車場です。
 何をしに行ったのかといいますと、なんとこれがまた、馬鹿げたことを。ドアミラーを白にペイントしてみたんです。先週オートバックスで買ってきたのが、この塗料なんですが、詳細はこっちに譲りましょう。
 その後は、ふらふらと、あてもなくドライブをして帰ってきました。


6月17日() 走行距離 278.4km 総走行距離 36890.4km
 今日はちょいと遠出をして、神戸に出来たショッピングモール、マリンピア神戸ポルトバザールへと遊びに行ってきました。駐車場が大きいと聞いていたんで、オフ会の場所にどうかなぁ、という目論見もあったんですけどね。
 阪神高速神戸線が渋滞との情報を察知して、急遽湾岸線経由へとルート変更。住吉浜出口で乗り継ぎ券を受け取り、神戸線摩耶入口から神戸線へと入ります。この乗り継ぎが妙に好きなんですよね。意味はないんですが。
 神戸市内の中心部を走り抜け、若宮出口から国道2号線を走るのが、もっともストレートなんですが、2号線がやたらに混雑しているとの情報を得て、若宮出口をあきらめました。とはいっても、VICS情報ではなく、単なるウワサなんですけどね。会社の後輩情報、とでも申しておきましょうか。
 神戸線の月見山出口をそのまま直進し、第二神明道路へと入って一区間、名谷(みょうだに)インターで一般道路へと下ります。一般道を走ること数分で、垂水の駅前に到着します。ここからほんの少しでマリンピア神戸に到着です。
 その中にあるのがポルトバザール。ファクトリーアウトレッツのお店が入った建物と、世界の味を楽しめるレストランが集まったシーポートレストランツ。目的があっても、なくても充分に楽しめるでしょうね。僕も存分に楽しんできましたから。
 ショッピングを楽しんだ後、レストランの2階にある韓国家庭焼肉の店「神戸プルコギ館」で、本格的なプルコギを、海を眺めながら食べてきました。なかなか美味しかったですね。
 このポルトバザールで長居をしてしまったんですが、駐車料金は、1時間たったの200円です。しかも、1店舗につき3,000円以上の買い物をすれば1時間無料のチケットをもらえて、おまけに2枚まで有効になるとのこと。だから、僕も5時間近くいて、駐車料金は600円でした。
 で、肝心のオフ会の場所にふさわしいかどうかですが、ちょっと疑問符が付きますね。というのが、むちゃくちゃ混むんです。雨の土曜日だったんですが、ほぼ満車でした。かなり広大な駐車場なんですけどね。朝早くから集まる気がなければ、場所の確保は難しそうです。
 というわけで、場所探しはまた1から。
 オフ会の情報については詳細をお待ちください。


6月11日() 走行距離 39.5km 総走行距離 36612.0km
 午前中は日頃出来なかったことの処理なんかをして時間をつぶしてしまったんですが、午後からはちょっとだけお出かけ。
 奈良県生駒市の生駒駅前にある近鉄百貨店に用があり、阪奈道路を越えて行ってきました。カーブの多い阪奈道路ですが、気持ち悪いくらいに安定してハンドルを切れますね。怖さがないのが怖いくらいです。いや、スピードは抑えてますから、怖くなくて当たり前なのかもしれないですけど。
 近鉄生駒駅の北側に位置する百貨店のお客様用駐車場にクルマを止めたんですが、ここには、自走式と機械式の二種類の駐車場があるそうなんです。屋根の低いセダンなんかは機械式の方に誘導されているようですね。で、僕の車もリフトの上へ。エンジンを切ろうとする時に「(降りる前に忘れずに)ドアミラーを畳んでください」って、声がかかったんですけど、大きなお世話です。降りてドアをロックしてから両方を手で倒しました。
 生駒での用事も終わり、駐車場でクルマが移動してくるのを待つことしばし。やってきたキャバリエに乗り込もうとした時、機械の操作をしていた係員のおじさんから「これ、シボレー…なんですね」って、声がかかったんです。ここで、「いや、実はトヨタキャバリエで、エンブレムだけ…」なんて話をしても仕方がないので、「そうなんですよ」と笑顔で返してキャバリエに乗りこみました。間違いじゃないですよね?
 阪奈道路を下って大東市のオートバックスへ。大東市にあるのに「セブン東大阪店」という名の、東大阪市民としてはちょっと小首を傾げてしまいそうなお店なんですが、店内は広く、他のお店にはないようなパーツも結構あり、見ているだけで楽しかったです。ここでちょっと面白いものを購入したんですが、今日は試せなかったんで、来週にでも報告しましょう。


6月10日() 走行距離 126.2km 総走行距離 36572.5km
 大阪ミナミでぶらぶらと遊んでいたんですが、特にこれと言って何もなかったので、ランチを食べたお店を紹介しておきます。「プランタンなんば」の南隣にある「自由軒」さんというカレー屋…というか洋食屋さんですね。でも、ここで有名なのが、その名もずばり「名物カレー(600円)」。ご飯とカレーがすでに混ざった状態で皿に盛られていて、そのカレーライスの上に作られた窪みに生卵をポンと落としてあるんです。普段からそれほど辛いカレーを食べない僕にはちょっぴり辛く感じましたが、食べやすい美味しさでした。生卵をつぶして混ぜてしまうので、辛さも和らぐんでしょうね。なんでも、ここのルーは90年以上も、その製法を守りつづけているということですから、美味しさにも筋金入りです。大阪ミナミにお出かけの際は、ぜひどうぞ。


6月 4日() 走行距離 224.1km 総走行距離 36446.3km
 やってきました。ローダウン。
 奈良県の某市に、その施工業者があるんです。
 掲示板上の公言通り、RS-Rのローダウンサスを注文して約2週間。本当なら1週間前に出来る予定だったんですが、業者さんの都合がつかずに今日に伸びてしまったんです。で、10時オープンだということで、朝の8時過ぎに家を出て、大阪外環状線、国道165号線を走って奈良へと入ったんです。
 目的の業者さんの所に到着したのが9時45分頃。ちょうどそこの社長さんも来られて、一頻り喋った後、10時過ぎから作業を開始していただきました。
 まずフロントから。タイヤを外して、ショックごと外して。それからスプリングコンプレッサーで固めてスプリングの交換。リヤも同じ様に。
 で、所要時間は約100分。ローダウンキャバリエセダンの出来上がりです。
 写真なんかは別コーナーを設けてますので、こちらをご覧ください

 専用のピットから出てきて太陽の光に当ったキャバリエはなかなかナイス。
 フロントはそこそこ落ちて、いい感じです。が、リアの方は…?、という妙な落ち具合なんです。あんまり落ちてないんですね。いや、確かに落ちてます。でも、TRD並かな、という感じなんですね。
 そこで、社長が一言、
「次第に落ちてくるんですよ」と。
 ははぁ、聞いたことある。へたって来るんですよね。馴れるというか。その時には見事に落ちてくれるんでしょう。
 最後にお礼を言って、ドアを開けて乗り込んだんですが、シートの高さが違うんです。うぉー、下がってる!
 わずか数センチの違いがここまで体感として現れるとはちょっと驚きです。運転席側の窓から見た外の様子も違って感じましたからね。気分的なものもあるのかもしれませんが。
 で、走行。おや、期待していた、というか恐れていたゴツゴツ感がほとんどないんです。ノーマル時よりも若干凸凹に対して振動が増えたかな、という程度なんです。…17インチにした段階で既に最悪の状態を迎えてしまっていたのかも。
 しかし、気になるのがリアから聞こえてくる異音。不等ピッチのサスに共通の悩みらしいですね。へたりと共に無くなるのか、増加するのか、まったく想像できなくて恐いんですが、加減速時の重たい歯ぎしりの音はやや不快です。

 165号線から25号線に入り、そのまま大阪市内へ。久々、ホントに久々の日本橋です。
 ジョーシンの指定駐車場に入ろうと、ウインカーを出していると、係員がやってきて、
「タイヤの幅が広いですけど、以前に入られたことありますか?」と。
 数ヶ月前に入ったことがあるんですが、その時は純正の14インチでしたからね。エレベーター式のタワー型駐車場なんで、幅に制限があるようなんです。
「いや、タイヤを替えてからは初めてですね」
「一度、合せてみますか? 無理ならご遠慮願いたいんですが」
 って、当たり前でしょう。入らない所にホイールを削ってまで無理矢理押込めたくはないです。
 まぁ、結果的には無事収まって、駐車券を受け取ったんですが、ジョーシンのお店で3,000円以上お買い物をすれば1時間無料となるそうです。というか、それを目当てにやってきたんですけどね。
 というのも、買いたいCDがあったんで、3,000円を超すのが読めたから、指定駐車場に入ったんです。ところが、世の中上手く行かないもんで、なんと、お目当てのCDが在庫ナシだったんです。
 焦りました。要らないものを3,000円分も買うくらいなら、30分300円を払って出た方が賢いのかなぁ、とか思ったんですが、強引な手を思い付いちゃったんです。
「えーっ、在庫ないんですかァ。うっそー、あるもんだと思って駐車場に入れてきたんですよォ」
 バカな客です。
「あぁ、そうなんですか。それは申し訳ないです。いいですよ、駐車場の方はスタンプを押させてもらいますから」
 うぅ、ありがたいことです。これで、駐車場も無料となりました。
 あ、だめですよ。ワザと在庫のない商品を問い合わせたりして、無料にしようなんて考えちゃ。
 当然のように、駐車場に帰るまでに別のCDショップに立ち寄って、お目当てのアルバムをゲットしてきたんで、やや罪悪感は感じるんですが、品揃えが豊富なはずのディスクピア(ジョーシン系列のCDショップ)のちょっとした不覚でしたね。
 
 大阪トヨペットでオイル交換をお願いしようと、中央大通を走らせていたら、パトカーのサイレンが前方から聞こえてきたんです。中央大通は分離帯に、頭上を走る阪神高速東大阪線の支柱が並んで、やや見えにくいんですが、その隙間に見えたのが、なんと、回転灯付白キャバ、覆面パトだったんです。実物を初めて見て、感動してしまいました。お世話にはなりたくないですけど。

 トヨペットに入り、エレメントの交換も一緒にお願いしたんですが、3台待ちとかで、若干時間がかかるようです。ただ、僕としては担当営業マン氏とお話がしたかったんですが、本業の営業をされているところで、その応対終了待ちとなってしまい、待つことに抵抗はなかったんです。その間、出していただいたアイスコーヒーを飲み干し、携帯のiモードで遊んだり、テレビを見たり。
 ようやく接客の終わった営業マン氏としばらくお話。ローダウンした話とか、カーフィルムを貼るにはいくらくらいかかるか、とか。

 ただ一つ残念だったのが、前回トヨペットでオイル交換してもらった時におまけで洗車をしてくれたのに、今回は汚いままだったんです。エレメント交換もしたんだから、おまけくらいしてよー、といいたいところですが、おまけは貰いました。プリウスの形をしたサブレ。まだ食べてませんけど。

 このまま帰るのも面白くないので、ちょっとだけ山道を走ってみようと、阪奈道路を生駒まで走り、そこから168へと入り、平群町から八尾市へと十三峠経由でドライブしてきました。攻めるような走りはしてないんですが、カーブを通過する際のローリングは間違いなく減少してます。これならまだ速く走れそうですが、17インチにローダウンサスで、これほどまで純正セットと変わるもんなんだなぁ、と改めて思いました。

 しかーし、ここで、恐ろしい事実が発覚したんです。

 続きは特設コーナーで。



5月31日(水) 走行距離 18.8km 総走行距離 36222.2km
 会社の同じ部署の後輩が、事情により本日付で退職することとなり、社内での雑務が済んでから一緒にファミレスのガストへと食事に行きました。彼と、彼の同期である後輩とともに3名で、時間も忘れて食事をし、語っていたんですが、終電の時間をも忘れてました。
 で、京都の八幡市に住む後輩(辞めない方)が、帰る電車がないと言い出したんで、僕だけレストランを抜け出して、自宅へキャバリエを取りに戻ったんです。
 レストランの駐車場に戻ったのが、日が変わるかどうかという時間で、二人を乗っけて中央大通を西へと走りました。
 森ノ宮からは電車があるということだったんで、そこで二人とは別れ、僕は玉造から今里経由で自宅まで帰りました。家に着いたのが1時前後だったでしょうか。とにかく眠たかったんで、帰りつくなりスーツを脱ぎ捨ててベッドへともぐりこんだんですが、そこで携帯に1通のメールが届いたんです。送り主は京都に住む後輩。
「京橋で電車がなくなったよー」
 って。
 心配するよりも先に笑いが出てきて、起き出してクルマに戻ることなんか、これっぽっちも考えずに、返信を送ったんです。
「おやすみ」って。

 翌日、眠たそうな顔をしながらも彼が出勤してきたんで、戻れたんでしょうね。無事に。


5月28日() 走行距離 92.1km 総走行距離 36203.4km
 午前中は特に何もなく、ボーッと過ごしてみました。昼過ぎまでパジャマ姿、ってのが、象徴的ですよね。
 で、昼から洗車。昨晩、ミナミから帰宅途中、ちょっとばかりフロントバンパーをぶつけてしまって、ターンシグナルから後方にかけて、口紅をさすのに失敗した女性のように(というか、口紅をさしながら後ろを振り返ったような…)、黒い筋が流れてたんです。黒い口紅なら簡単に落ちるんですが、薄いとはいえ傷が入ってるんで、コンパウンド系のクリーナーで磨いてみました。これで綺麗になりました。余り多用はしたくないですけどね。
 洗車の後は、ホームセンターに寄ったり、本屋に寄ったり。最後にドライブと称して阪奈道路を駆け上って、駆け下りて終りです。


5月27日() 走行距離 232.1km 総走行距離 36111.3km
 もともと朝から奈良へ行こうと大阪外環状線を南へ走っていたんですが、柏原市へ入った辺りで急遽予定が変更になってしまい、そのまま堺市へ方向転換。柏原から藤井寺、松原を経由して堺市にある仁徳天皇陵のすぐそばまで走ったんですが、なんとなく、中央環状線経由で直接東大阪から堺へ行くよりも遥かに遠回りのような気がしたんですが、改めて地図で見ると、さほど遠回りでもないんですね。とはいえ、渋滞の多い区間を通ってしまったんで、松原市を走っている辺りで気分が滅入ってしまい、大型スーパーのイズミヤでちょっと休憩。
 ちょうどカーナビ用のリモコンの電池が弱くなっているようで、その乾電池を買ってみました。ボタンを1回押し込む操作は効いていたのに、押しつづける操作は拒否されていたんです。ですからスクロールが出来なかったんですね。これはかなりキツかったもんですから、電池を交換したんです。さすがに、音声入力できるとはいえ、スクロールのたびに声を出すのもバカっぽいですからね。これで、解消です。
 堺での用事を済ませて別用で奈良へ向かい、そこから今度は、大阪ミナミの心斎橋へ。
 長堀の地下駐車場に車を止めて心斎橋をぶらぶらと。最後にそごうに近いcocoricoで美味しいケーキを食べながらオリジナルのアイスティーを頂き、帰りました。


5月22日(月) 走行距離 6.5km 総走行距離 35879.2km
 今日は、妙なご縁から、東大阪市内のファミレス「ガスト」でKobaxさんとミニミニOFFを開いてきました。
 同じ東大阪市内在住と言うことから、興味があったので、ぜひ直接お話を伺いたいと思っていたんですが、しまなみオフまでは、まだ時間がありそうですし、会ってみることにしたんです。というのも、キャバリエをご購入されたディーラーをどこにするかの最終判断をCLUB CAVALIERのサイトを見て決めていただいたり、他にも色々と参考にして頂いているようですから、挨拶くらいは、という思いがあったからなんです。
 約束時間よりも前に、すでにガストの駐車場には銀色のセダンが停まってました。納車後まだ数日という2000年モデルの2.4Gは、非常に美しく、ボーッと眺めてると、中からKobaxさんが現れたんです。で、二人してガストの店内に。
 そこでは、当然のことながらキャバリエの話題ばっかりだったんですが、色々と面白い話を交わしてました。

 食事を終えて、駐車場に下りてからも、ボンネットを開けてみたり、トランクルームを覗いてみたり、ホイールを眺めてみたり。
 17インチのホイールを眺めている時に、思わず、「もうすぐ車高を落としますよ」との発言をしてしまったんですが、ここでも宣言しておきます。もうすぐ、落とします。
 ひとときの楽しいOFFを終了し、2台のキャバリエはそれぞれの家路につきました。


5月21日() 走行距離 176.8km 総走行距離 35872.7km
 近鉄生駒駅の駅前にあるデパート内のレストランで昼食を摂り、一息ついてから行動開始。阪奈道路を三条大路2の交差点から24号線の奈良バイパスに移り、木津インターから京奈道路へと入ります。目指すは京都市内。
 大久保田原の交差点を右に折れ、宇治市内から奈良街道を北へと走ります。日本有数の酒処京都の伏見を通り抜け、到着したのが平安神宮に程近い、京都市動物園。ガイドブックには駐車場ありとなっていたように記憶していたんですが、実際にはなく、近くを探してみると、妙な場所に一時預かりの駐車場がありました。若干入り組んだ場所にあるんですが、3時間1000円ということで、止めることに。椅子に腰掛けたおじさんが料金は前払いで、というので1000円札を渡しながら、3時間を超えたらどうなるのかと問えば、「いいですよ、ゆっくりしてきてください」ですって。いい駐車場です。
 京都市動物園は、いい意味でも悪い意味でも昔乍らの動物園で、凝った演出がない分、飽きることもなく、いろいろな動物を見て回りました。
 久しぶりに童心に帰って(いつもだ、という声もありますが)楽しんできました。
 クマやシマウマ、ピューマやゾウ、フクロウにキジ、ヘビもいますしゾウガメもいます。でも、中でもっとも注目を集めたのが、サルの山ですね。1匹のボスを中心として何組もの家族が過ごしてました。子供や赤ん坊がところ狭しと走りまわったり、じゃれあったり。ボーッと、手すりにつかまりながら眺めていたら数十分が過ぎてました。
 ゆっくりしすぎたため、ライオンを見ることができなかったのが残念ですが、あっというまに3時間が経過してました。
 その後は、平安神宮に参拝し、駐車場へと戻ります。で、車に戻れば、おじさんがいないんです。はぁ、何時間でも追加料金が要らないはずですね。公表はしませんが、平安神宮、京都市動物園へは便利な駐車場だと思います。
 食事をするために、四条河原町へ。京都市内でも指折りの繁華街で、食に関しても何でも揃いそうです。その中で、入ったのが「四季彩」という料理屋です。和洋どんな料理でも食べさせてくれるお店ですが、オープンキッチンで、そのカウンターに座れば、自然と食欲が沸いてきます。
 せっかく京都に来たのだから、と洋食よりは和食がよかろうと、単品でおばんざいを注文。大根と牛すじの煮物や賀茂なすの田楽など、美味しい料理を頂きました。
 ほどほどにゆっくりと食事をして、鴨川縁の駐車場へと戻ってきたんですが、ここでちょっと意外な光景を目にしました。預ける時に、ニュートラルにしたまま、サイドブレーキを引かずにエンジンを切って下車してくださいと言われたんで、なんて不用心な、と思ったんですが、出庫の際にあっと驚く答えが待ってました。エレベーターのドアが開いたんで、乗り込もうかと思ったら、係員に手で制止されたんです。で、なんと、無人のキャバリエが目の前まで自走してきたんです。機械に押し出されて走ってきたみたいなんですが、これが、サイドブレーキ解除でニュートラルである必要があった理由だったんですね。で、乗り込んでみて再度びっくり。いや、慣れれば何でもないんでしょうが、かなり気持ち悪いです。ニュートラルのまま、サイドブレーキを引いてない状態で、エンジンをかけてみてください。動き出すまでに、かなり頭を悩ますはずです。普段、一連の動作なんて、考えずにやってますよね。そのタイミングが狂うと気持ち悪いものです。
 そんなこんなで半日京都巡り。京都らしさには欠けたかもしれませんが、十分に楽しめました。


5月20日() 走行距離 137.8km 総走行距離 35695.9km
 久々、になりますね。会社への出勤に使いました。
 前に乗った時から、ガソリン切れの赤ランプが点いていて、かなりヒヤヒヤしてたんですが、何とか出発。心なしかエンジンがかかりにくく感じたのは、気のせいでしょうか。それとも、燃料不足なんでしょうか。
 ともかく、無事に会社までたどり着きました。時間に余裕があれば、出勤前にスタンドに寄りたかったんですが、相変わらずの朝寝坊で、ギリギリの出勤になっちゃったんです。
 仕事を終えてからスタンドへ。最近メンバーカードを作ったスタンドです。そこまで約3km。大丈夫だろうという自信はあるものの、若干の不安も。まぁ、結果として、全然問題はなかったですけどね。入ったガソリンが51.8L。余裕です。赤ランプ点灯後、すぐにガス欠で立ち往生したという話も聞くだけに、個体差が激しいようですね。
 給油後、一旦帰宅。
 時間調整の後、8時過ぎに出発。と、同時に激しい雨。バケツをひっくり返したよう、という表現がありますが、まさにそんな感じです。日没後の夕立です。それでも、数分も走れば小降りになり、数十分で止んでしまうんですから、天気とは不思議なもんです。
 大阪市内で食事をして帰りました。


5月14日() 走行距離 108.0km 総走行距離 35558.1km
 珍しく、午前中から午後にかけて、ずっと家にいました。
 で、動き出したのが4時前のこと。とりあえず、東大阪市内にあるオートワールドへ。なんかもう、ローダウンするのが時間の問題に思えてきて、価格調査に乗り出したんです。
 が、オートワールドではダウンサスは取り扱っていないとのこと。いや、この表現は的確ではないですね。取り寄せはできます。ただ、取付はできないとのことなんです。
 ふーん、そうなのか、と思いながら、今度は八尾のオートバックスへ。ここにはありました。
 RS-Rのローダウンサス。定価41,000円が、5月末までなら40%OFFなんですね。微妙なところで期限を区切られてしまいましたが、ここで取付けるなら、工賃は1ヶ所5,000円の計20,000円。合せても、44,600円です。大いに悩むところです。
 掲示板で、自分で取りつけたら…、というコメントも頂きましたが、何分工具もないですし、1回きりのためにウマやスプリングコンプレッサーなんかも買えないですし、ならば、頼んだ方が安いのかな、と。何よりも問題なのが、財政的にきつい事なんですね。実はそれが一番なんですが。

 しばらく車を走らせ、やってきたのが某寿司屋。ひさしぶりです、回転しない寿司屋って。回転寿司も安くて美味しいですが、やっぱりネタが違いますね。美味しかったです。


5月13日() 走行距離 25.1km 総走行距離 35450.1km
 午前中に東大阪市内のお客さんのところを訪問した後、大阪トヨペット布施営業所へ。久しぶりの訪問です。その間に、いろいろありましたからね。だって、前に来たのは販売中止前ですから。状況が一変してます。
 いつも、担当の営業マン氏に、「キャバリエ、売れてますか」と、話を切り出すんですが、今回ばかりは辛くて聞けなかったです。在庫のみの販売ですからね。それでも、聞くところによると、在庫車を抱えているのではなく、ポツリポツリと入ってくるらしいですね。シルバーが人気があるのか、なかなか入ってこない、という話を聞いたんです。そこで思い出したのが、同じ東大阪市内でシルバーの2.4Gを契約された方のことなんです。掲示板にも書込みをしていただいてましたが、納期未定の状態が続いていたそうですね。でも、「つい先日、納車するのを見た」との話を聞いたんです。最近、この営業所からシルバーの2.4Gが納車されたのはこの1件らしいですから、間違いないみたいですね。残念ながら、担当の営業マンは別の方だったようです。
 商談用のテーブルには、タイヤの空気圧低下による事故の新聞の切抜きが貼ってあったんですが、これを見て、最近のQ&Aコーナーに書込みのあった空気圧の話題を思い出したんです。で、空気圧の調整をお願いしてみたんです。とはいっても、タイヤが純正ではないんで、その点を心配したんですが、やりますよ、とのこと。それよりも、むしろ、17インチに替えたことに興味を持っていただき、さっそく、ショールームからお客様用駐車場へ。
 そこで、キャバリエを前に、しばし雑談。車高を落としたい、という話や、ホイールをぶつけてしまった話、オフ会の時の話もしましたね。
 ホイールの交換を自分でやって、そのあと調整もしてもらってないんで…、という話をしたんですが、真っ直ぐ走れているなら特に問題はないのでは、との返事が。あぁ、そんなもんなんですか。どこかで、ホイールを替えれば調整は必須とのコメントを見たような気がしてたんですが。
 長い時間、無駄話にお付き合いいただいてから、空気圧の調整をしていただきました。
 その間、ショールーム内で、2杯目のアイスコーヒーを頂いてたんですが、しばらくしてやってきた営業マン氏が一言。「バラバラですね」と。
 そういえば、空気圧のチェックなんて、全くやってなかったです。基本なのに。前のオーナーがセリカで履いていて、そのまま日通のアロー便で送られてきて、そのままキャバリエに履いただけですから。
 右前輪が異様に高くて、なんと2.8。しかも、その他のタイヤがすべて2を割り込んでいたそうです。駆動輪が右2.8、左1.xなんて、よくこれで真っ直ぐ走れていたなぁ、と思います。
 すべてのタイヤを、ちょっと高めの2.3に統一していただいて、トヨペットを後にしました。
 公道に出たとたん、…! ロードノイズがかなり減ったような気がするんです。いや、本当に気がするだけかもしれませんが、それはそれでOKです。単純なんで、うかれ気分で帰途につきました。


5月 6日) 走行距離 423.9km 総走行距離 35024.7km
 掲示板には、今日と明日とで淡路島へ遊びに行くと書いていたんですが、実際にはもうちょっと、いや、かなり遠方へとドライブしてきました。
 もともと、先月の中頃までは、淡路島へ行こうという話で決っていたんですが、下旬に「お好み焼きが食べたい」という、ホントにただそれだけの思い付きで広島へと行き先を変更したんです。僕の住む大阪は、お好み焼きやたこ焼で有名ですが、広島のお好み焼きには大阪にはない魅力を感じますね。まず、大きな違いが生地の厚さ。それとソバ。
 あっ、こんなとこで語ってしまうとスペースがいくらあっても足りないんで、先に進めます。
 阪神高速東大阪線の荒本出口を少しばかり過ぎたところにある東大阪ジャンクションから近畿自動車道に入り、吹田ジャンクションからそのまま中国自動車道へと進めます。
 普段の土曜日がどうか、なんかは判らないんですが、なんとなく、宝塚を越えて西宮名塩サービスエリア付近が渋滞していそうなイメージがあったんですが、それはナシ。そういえば、ゴールデンウィークとはいえ、ランドセルを背負った小学生や、自転車をこぐ学生服姿の中学生なんかを朝に見かけたんで、黄金週間の終りととらえるのか、ただの土曜日ととらえるか、よくわからないです。それを最大に感じたのは、明日の夕方なんですけどね。実は。
 神戸ジャンクションから山陽自動車道に入ると、ロードノイズの質が途端に変わります。このあたりは、比較的新しい区間です。
 淡河パーキングエリアで小休止。ここで、先週に買わなかったハイウェイカードを購入。ほぼ1年ぶりに自動販売機に福沢さんを5枚吸い込ませると、寂しいような悲しいような、妙な気分になります。で、ポトッと、カードが1枚落ちてくるだけですからね。それでも、8,000円分のサービス分が付いているので、長距離移動では、重宝します。
 その後は山陽道をひた走り、出発して3時間も経たない内に福山サービスエリアへと入ることが出来ました。この先の福山西インターで山陽道を降り、バイパス(2号線のバイパスだと思うんですが)を走って尾道市内へと入りました。
 尾道駅前の自走式立体駐車場に車を停めたんですが、ちょうど1年前、しまなみ海道'99が開催されていた時に停めた駐車場なんですね、ここは。確か安かったはず、と。市の中心駅の駅前で30分100円ですから、格安です。
 尾道は二度目で、とくに目新しい感じもないんですが、前回に行けなかった千光寺やその公園、映画「転校生」のロケ地となった御袖(みそで)天満宮なんかを観光してきました。細い路地の坂道を歩いているだけで、尾道観光の醍醐味を味わえるような感じはしますね。前回は日が沈んだ後に訪れたタイル小路も、明るい太陽の下で見れたんで、大満足です。
 千光寺へ登るロープウェイの山麓駅近くにある喫茶店「茶房こもん」で、美味しいワッフルとコーヒーを頂き、空腹をしのぎました。実は、地元瀬戸内で取れる魚介類をふんだんに使った寿司屋があるとの情報を仕入れておいたんですが、てっきり昼も営業をしてるかと思えば、夜だけだったんです。で、断念した結果ランチがワッフルとなったんですが、それはそれで美味しくて良かったです。
 JR山陽線の南側へ移動し、商店街を通り抜け、駅前の駐車場へと戻ります。
 山陽自動車道の尾道インターよりさらに西へと走り、西条インターを下ります。途中の小谷サービスエリアを通過する時は、妙な緊張感がみなぎりましたが、特になんてこともなかったです。
 西条駅前の駐車場に車を止め、少し散策。ここは、京都の伏見、神戸の灘と並ぶ酒造の町らしく、有名な賀茂鶴酒造等が酒蔵を構えています。一見さんでも立ち寄って見学や試飲のできるサービスなんかはないのかなぁ、と思ったんですが、さすがにそれは無理らしく、門は固く閉ざされたままでした。ただ、そのまま帰ってしまうのも面白くないんで、駅近くの酒屋さんに立ち寄り、お店のおばさんに話を伺いながら美味しい地酒を教えていただきました。5種類の地酒を試飲させていただきましたし、ありがたいことです。結局、値段との絡みで、地域限定ではないのですが、賀茂鶴を購入。
 西条インターの一つ西隣の志和インターから1区間だけ山陽道を走り、広島東インターを下りて広島高速と呼ばれる安芸府中道路を走ります。広島市の繁華街の中心地八丁堀交差点に近い、三越デパート提携駐車場に車を止め、三越へと歩きます。
 この近くに、お好み焼きの店ばかりが集まったビル「お好み村」があり、その中の源蔵というお店に。カウンターのみのお店で、久々に食べる広島風のお好み焼きは最高でした。たっぷりの野菜が適度な歯ざわりを残したこの感触は大阪のお好み焼きとはまるで別物です。大阪から食べに来ただけのことはあると思います。
 一緒に注文した生ビールを飲み干し、食後のコーヒーを近くのドーナツ屋で飲んだ後、宿泊先へと向かいます。
 西区の広島スタジアムの北隣にある広島ダイヤモンドホテルで、9時の到着後、ゆっくりとくつろぎました。
 実は、12時きっかりに、三越の地下1階にある手作りケーキ屋で買ったフルーツたっぷりのタルトに、ロウソクを立てて28歳のバースデーをお祝いしたんですが、旅先のホテルで迎える誕生日もいいものですね。いい思い出になりそうです。


5月 7日() 走行距離 400.3km 総走行距離 35425.0km
 カーテン越しに朝の光を見ると、時刻は既に8時を大きく回ってました。だいたい、ケーキの後に賀茂鶴なんて組み合わせが良くないんですよ。ケーキを食べる時にワインも飲んだんですから。
 適当に身支度を整えて出発。
 朝食は近くにあったマクドナルドです。適当に探したつもりだったんですが、偶然か必然か、昨年のゴールデンウィークに朝食をとったのも同じ店だったんです。平和記念公園に近いマクドナルドで、去年のように公園の後に来るか、今年のように食べた後に行くかの違いです。
 マックモーニングでアイスコーヒーを飲み干し、スッキリとしたところで、平和記念公園へと向かいます。
 公園から太田川を挟んだ所にある市営の駐車場に車を置き、平和記念公園と平和記念資料館とを見学しました。
 平和記念資料館は昨年も見たところで、別段変わりもなかったんですが、一度見たら終わり、という内容でもなく、何度も噛み締めながら見ていくことで、戦争の恐ろしさ、核兵器の恐ろしさと、その無意味さを改めて感じさせてくれる時間を与えてくれたんだと思います。
 内容に関しての細かい描写は控えますが、戦争を直接体験していない僕らの世代が、その悲惨さを知るに十分な資料があったことだけはお伝えしておきます。
 2時間近く資料館の中を見学した後、公園の中を北に向かって歩き、原爆ドームへ。
 その後、昼食の場所へと移動します。資料館を見た後すぐに食事をするのもどうかと思ったんですが、太田川沿いに川面を見ながら歩いていると、適当に小腹も減ってきました。
 八丁堀の交差点をやや北に上がった所にある「みっちゃん」というお好み焼き屋。ここで昼食です。えっ?また? そうなんです。せっかくだからと最後の食事もお好み焼きです。昨日とどう違うのか、と聞かれると難しいですが、美味しいことには変わりナシです。
 30分170円のリフト式立体駐車場を、28分で出てきて、帰阪の準備となります。
 広島駅を通り過ぎ、広島東インターへと向かって走ったんですが、ここで思わぬ惨事が発生したんです。
 さほど急でもない左カーブを、何を勘違いしたのか大き目にハンドルを切ってしまって、左フロント部分から、「ガシャンガリガリ」という音が…。見事にホイールを削りました。
 といっても、実際に見たのは山陽道の奥屋パーキングエリアに入ってからのこと。ホイールの外周1/3くらいが削れてます。かなりブルーです。まぁ、せめてもの救いは、中古で買った、ということですね。新品を買ってたら、もう、泣いてたと思います。
 ただ、これでバランスが崩れたのか、120km/hを超えるとハンドルがブレだしてきたんです。??と思って小谷サービスエリアで、ホイールのボルトを一旦ゆるめて再度固定させてみました。ただの気休めだったのか、さほど変わらず。それどころか、道路のつなぎ目を通過してから、目に見えるほどハンドルといわず、車中が振るえ出したんです。ヤバイなぁ。と思いつつ、シャシーまで影響が出てるのかなぁ、なんてドキドキもんです。80km/hの低速走行(あれ、規制速度ですね)で、なんとか振動を抑えて高坂パーキングへ。で、ホイールをみて大笑い。ボルトを隠すためのカバーが、外れかかってたんです。というか、ネジの軸を中心に、半回転してたんです。ホイールの中ほどに1キロほどのおもりをぶら下げて回転させてるようなもんですから、不安定になるのは当り前です。
 ここで、締め直して出発すれば、130km/h以上でようやくブレてるかな、という感じが伝わってくる状態となりました。ただ、これがホイールの削れなのか、それ以外の理由なのかがハッキリしないんで、若干怖さは残ってます。
 その後は安全運転を心掛けたからか、何の抵抗もなくドライブを続けられました。途中吉備サービスエリアで小休止したんですが、そこをでてから、しばらく走ると、途端に雨が降り出したんです。しかも、半端じゃないくらいに。もう、2台前が見えないくらいの土砂降りです。でも、面白いのが、兵庫県に入り、竜野に近づくと全く降ってないんですね。止んだんじゃないんです。降ってなかったんです。道路はカラカラですから。
 中国道と合流して、西宮名塩サービスエリアで夕食代りのうどんとみたらし団子を食べ、帰ってきました。
 不思議なのが、ごく普通の日曜日でさえ大渋滞の宝塚付近が、全く渋滞していなかったことなんです。というよりも、広島東インターから近畿自動車道の門真インターまで、全区間に渡って渋滞がなかったんです。ゴールデンウィークの最終日ということもあり、若干の覚悟はあったんですが、正直なところ、あっけなかったですね。拍子抜けというか。
 それでも、それなりの距離ですから、適度な疲労感はあるものの、楽しい旅行でした。1泊2日の旅行でこれだけ楽しめるんだなぁ、というのは、1週間前に引き続きの感想ですが、こういう旅行は、これからも、増やしていきたいですね。


5月 5日() 走行距離 137.5km 総走行距離 34600.8km
 今日は京都の姉夫婦宅へ。で、その前に洗車です。
 会社の駐車場で、久々にカーシャンプーを使って洗車をしたんですが、今まで機械洗車に頼っての、水洗いばっかりだったので、やっぱり、微妙に落ちていない汚れもあるんですね。それをシャンプーで、と思ったんですが、なかなかにしつこいようで、さほど時間がなかったんで断念してしまいました。もうちょっと余裕のある時に磨いてみます。
 今までというか、ホイールを替えるまで、ホイールカバーは余り念入りに磨いてなかったんですが、今日はちょっと気合いを入れて洗ってみたんです。アルミホイール用のムース状洗剤で、結構綺麗になりました。
 でも、近くで見ればみるほど、車高が高いのが気になりますね。

 京都への移動は近畿道と名神高速です。自宅を出る前に聞いた情報では、深草を先頭に京都東インター付近まで渋滞がつながっているとのことだったんですが、実際に走ってみると、その渋滞は既に京都南を越えて天王山を越えてすぐの所までやってきてました。京都南を下りるクルマによる渋滞というのではなく、はるか遠方へのクルマのための渋滞です。ということは、やっぱり戻りのラッシュが始まってるってことなんですね。とはいえ、京都南インターでの渋滞もすごかったですけど。
 渋滞中に、隣の隣の車線に神戸ナンバーのダリヤブルーメタリックの2.4Zが走ってました。女性二人組だったんですが、こちらのことは、気づかれなかったようですね。
 京都南からは渋滞している1号線を避け、171号線の久世橋を渡って桂川近くの姉夫婦宅に到着です。
 そこで、お寿司をごちそうになったり、バースデーケーキを食べたりと楽しい時間を過ごしました。

 帰りも名神高速と近畿道へ。東京方面への上り線はかなりの渋滞だったようですが、大阪方面への下り線は全く渋滞もなく、スムーズに帰ってくることができました。


5月 4日() 走行距離 56.6km 総走行距離 34463.3km
 今日は特に予定もない日だったんですが、両親と共に東大阪市内にある墓地へ墓参りに行ってきました。
 その後で、同じく東大阪市内にある某回転寿司屋で、昼食をとり、最後にコーナンへちょっとした買い物に出かけました。何を買ったのかといいますと、自転車のタイヤとチューブ。もう、このページで書くのも何度目になるでしょうか、どうも、自転車のパンクの頻度が高すぎるんです。そこで、チューブだけではなく、薄くなったタイヤにも問題があるんだろうと、タイヤごと交換してしまおうというわけです。
 で、家に帰って取りかかれば、並みの労力では出来ないことが判ったんですね。
 というのも、動力が直接伝わる後輪はチェーンを外さないと車輪そのものが外れないんですね。しかも、シティサイクルとはいえ、変速機能付ですから、さらにややこしくて。自転車屋にタイヤの交換を依頼すると材料費と別に作業料だけで数千円かかるというのも納得がいきます。今や、新しい自転車がセール品とはいえ7,000円台で購入できる時代ですから、モノを大事にする心と、お金と、面倒くささが葛藤しようというところです。
 格闘すること数時間、なんとか前後輪とも作業完了。一応、元の自転車と同じような形には戻りました。後は、走行中にバラバラにならないことを祈るだけです。


5月 3日() 走行距離 271.0km 総走行距離 34406.7km
 今日は琵琶湖のほとりにある「びわ湖わんわん王国」へと行ってきました。
 奈良に寄ってからの出発なので、京奈和自動車道を使います。先月の16日に開通したばかりの「木津〜山田川間」を走り初め。山田川インターを過ぎてからのロードノイズが増えたということは、新規区間のアスファルトの作りが良くなったのか、凹凸が少ないからなのか、結構ハッキリと違いが判りましたね。
 それはともかく、終点の城陽インターまではスムーズに流れたんですが、一般道に下りるや、大渋滞です。さすがは連休初日ということなんでしょうか。このまま24号線を真っ直ぐ走っていては埒があかないと、宇治市内をショートカットして、宇治東インターから京滋バイパスに入りました。京滋バイパスなんて走ることもなかろうと思ってたんですが、どこでどういう機会が訪れるかなんて、判らないもんですね。宇治東インターから入って、すぐに全長4km以上もある宇治トンネルを走ります。特に特徴のある道路でもないですが、名神高速との合流点である瀬田東インターを抜けてそのまま1号線に入ると途端に流れが止まってしまいました。大渋滞です。
 草津の辺りから琵琶湖寄りの道路に移り、流れもスムーズになったかなぁと思えば、琵琶湖大橋が近づいてくればまたもや渋滞です。ゴールデンウィーク後半の初日だけに、どこへ行っても混んでいるのかなぁ、という感じですね。
 琵琶湖大橋の守山市側のふもとに作られた「びわ湖わんわん王国」は大き目の駐車場にギッシリと車が停まり、中の混雑ぶりが伺えます。で、想像通り、ゲートをくぐれば犬よりも人の方が圧倒的に多く、何を見に来たのやら、という感じですが、熱狂的な犬好きというわけでもない僕でも、結構楽しめました。
 いきなり場内のパレードがあったり、サーカスがあったり。
 敷地奥のわんわん競技場ではドッグレースが開催され、6頭の犬がレース場を走り抜けます。
 わんわん王国の法律では賭博は禁止らしく、お金を賭けるのはできないとのことですが、代わりに、応援したい犬のキーホルダーを買うんだそうです。それで、その犬が勝てば特製のマグカップがもらえるんだとか。賭けといえば賭けですが、お遊びの範囲内ですね。
 1回のレースというかショータイムで、デモレースと2回のレースが行われます。デモレースは異種混合で、その後の1試合目がスヌーピーの元となったビーグル、2試合目が白い体に黒の斑点が美しいダルメシアンによっておこなわれたんですが、賭け事はお遊びでも、試合は気合十分です。かなりのスピードで駆け回ってました。

 敷地内には、レストランと売店がいくつかあるんですが、ファーストフード的な食事として、「ホットドッグ」と「ナンドッグ」が目に付きました。いくらわんわん王国でも、ドッグを食べちゃうのはどうかと思うんですが…。
 青空の下で芝生に座りながら、ナンドッグを片手に大き目のカップに入ったビールを飲んでると、気分がいいですよね。

 犬とのふれあいコーナーなんかもあり、多くの犬が柵の中で人と遊んでます。とはいえ、今日のような祝日には犬も大変ですよね。休まる暇もないですから。
 動物園のように1種ずつ柵に入っているコーナーもあり、いろいろな種類の犬を見ることができました。ただ、もともと人の身近にいる動物だけに、ほとんどの種類が見覚え、聞き覚えのある名前であり、スタイルなんですね。それだけに、ごく普通の動物園とは違う面白さがあります。
 他にも、散歩用にと30分2,000円でレンタルできるサービスがあったり、王国のシンボルである「びわ公」(木製の巨大な犬のオブジェ)の中に入れたり。お土産物の売り場も充実してました。
 思った以上に時が経つのも早く、遊べました。結構楽しかったです。

 ただ、1日に数回しかない犬のサーカスは、1時間近く前から並ばないと入れなかったりと、客の多さに対応しきれていないのかなぁ、と思う面もありました。そのサーカスが見れなかったのと、興味のあったワイマラナーを近くで見れなかったのが、残念です。それ以外は、良かったですね。ちょっとでも犬に興味のある方には、面白いスポットだと思います。

 帰りは栗東インターから名神高速に入り、瀬田東インターから京滋バイパスに入って宇治へと向かいます。栗東までの一般道を除けば流れはスムーズでした。
 巨椋インターを左に折れ、城陽インターから京奈道路に入れば、今日のミニ旅行も終りです。次の旅行は6日〜7日の一泊二日ですね。それまでは、近所をウロウロとするんじゃないでしょうか。


2000年4月まで